ホワイトデーはのんびりと

「みなもすなるブログといふものを、ふにゃもしてみむとてするなり」

 3月14日水曜日、このブログを立ち上げた日である。
目覚めれば目に飛び込む青空。快晴だ。なのに、体が重い。眠い。自分では気づかないストレスが澱のように溜まっているのか。えぇ~~ぃ、今日は休んじゃえ!ジュニコロもストレスが溜まっているし、ミィとも少しはゆっくりと遊んであげられるだろう。そう決めたら、またも夢の世界へ逆戻り。

 会社に誰か出てくるだろう時間に起きだして、休むと連絡を入れる。

 ジュニコロミィは部屋の中を好きにさせ、ジュニコロとたっぷりスキンシップをし、おもちゃを取り出し遊ばせる。棒の先に長いひも状にになったふわふわがついているおもちゃである。歳をとったとはいえ、ジュニアの動きはまだまだ衰えてはいない。ミィも遊びたいようであるが、ジュニアのほうが上手で、走る、走る、ジャンプ、ジャンプ。ミィはウロウロとしているだけで、おもちゃには触らせてもらえない。コロンはというと、物陰からタイミングを計っているだけでなかなか出てこない。ジュニアばかりじゃ仕方ないので、おもちゃをコロンやミィの目の前に持っていくが、ジュニアがすぐに飛びついてくる。まさにジュニアの独壇場である。

 ひとしきり遊んだところで、ネットで里親さん募集のサイトをのぞく。やはり、ある程度大きくなった猫にはなかなか里親さんがつかない。子ねこばかりが人気である。

 ふと、ブログを立ち上げてみようかとあれこれ作業開始。ジュニコロミィが邪魔をしにくるが、適当にあしらいながら、なんとか記念すべき初投稿までこぎつけた。わからないことは山積みだが、おいおい何とかなるだろうと気楽に構えてみる。

 その合間にミィのフォトを撮りまくった。いつまでうちにいるかわからない。そして子ねこというのはあっという間に成長してしまう。その貴重な可愛いさかりのミィの姿を残したかった。ブログを立ち上げたのも、ミィという子ねこが確かにうちにいたのだという証みたいなものを残したかったという気持ちがあったからだ。

f0135859_22114012.jpg
隔離部屋でミィが一人で遊んでいると
f0135859_22122640.jpg

いつのまにやらこっそりとのぞく奴が現れる
f0135859_22132656.jpg

f0135859_22134752.jpg
そう、それはジュニア。
f0135859_22143137.jpg

f0135859_22164286.jpg
ジュニアにお構いなしに一人で遊びに夢中のミィ

 この日、大量に撮ったフォトがある。ふにゃがいるということで隔離部屋を出てリビングで初めてくつろぐミィの姿も見られた。それはまた次回に公開したいと思う。
とりあえず1枚だけ、リビングの窓際で柔軟体操中のミィ。
f0135859_22451167.jpg

[PR]

# by mycolon | 2007-05-08 22:25 | こねこ | Comments(7)

やきもち?

f0135859_913930.jpg
左がコロン、右がジュニア。二人でみっちりくっついて寝るのが好きらしい。
これから暑くなってくると、こんな姿も見られなくなる。

 3月13日火曜日、朝起きて寝室のドアを開け、隔離部屋の前を通る。ミィがみぃ~~と鳴くのが聞こえる。ジュニコロはふにゃの足元にまとわりついている。朝ごはんの時間だ。まずはジュニコロにご飯をあげて、それからミィのご飯を隔離部屋へ持っていく。ミィのご飯をジュニコロが狙うので、ミィは一人でケージの中で朝ごはんである。ご飯の後は隔離部屋のドアを開放。仕事に行くまでジュニコロミィを好きにさせる。
 
f0135859_943470.jpg

 出かける支度をしながら様子を見ていると、ジュニアとミィがお鼻で挨拶するのかと思うほど顔を近づけている。おっっぉ!鼻と鼻がもうすぐくっつきそう・・・・

 パッシ!

 威嚇こそしなかったが、ジュニアの猫パンチがまたも飛ぶ。ミィはきょとんとした顔をして、腰を引きゴロンと体を横にしたかと思うと、いきなり走り出し隔離部屋へと逃げ込む。
 
 その頃コロンは・・・・・。ふにゃの洗面台でかりんとう爆弾を大量に製造していた。ただでさえあわただしい平日の朝に、こんなことをしでかすとは・・・・・orz

 しばらく落ち着いていたコロンの粗相。ミィにすっかりなれてくれたと思っていたのだが、何かが違ったのだろうか。これも焼きもちの一種か?ジュニアがベッドや洗濯物に粗相をしてしまう方に気をとられ、そちらばかりを警戒していたのだが、とんだ伏兵がいたものである。
[PR]

# by mycolon | 2007-05-06 09:57 | ジュニコロ | Comments(10)

猫パンチ

 土曜日曜と昼間、隔離部屋のドアを開け放した結果、ジュニアも少しはミィに慣れてくれたようだ。3月12日月曜日の朝、ジュニアがミィに近づきしっぽのにおいをかいでいた。恐る恐るという感じだったが、それでも大きな進歩だ。と、思ったところへいきなりジュニアの猫パンチが飛んだ。あわててミィを確認したが、さすがに子ねことわかっているのか爪は出していなかったようで、怪我はなかった。脅かすなよ、ジュニア・・・。

 ミィはというと、威嚇ばかりされるのでジュニアを避けている。ジュニアの目を盗んではおもちゃをくわえて隔離部屋へと運んでいる。この日はリビングのテーブルの上に置いてあった鍋敷をおもちゃと思ったのか必死になってくわえて隔離部屋へと駆け込んでいた。その後姿がなんとも笑えてしまったのはミィに失礼かもしれない。 
 コロンとミィはすっかり仲良し。コロンはジュニアと遊ぶより、ミィと一緒のほうが楽しそうでもある。完全に受け入れたといっていいだろう。
f0135859_1383476.jpg
   隔離部屋のテレビの上でミィを舐めるコロン。(舌が長い!)
f0135859_139291.jpg

 なんだかジュニア一人が仲間はずれになっているような気もする。
f0135859_1424493.jpg
ミィを見つめる姿がなんだかさみしそうにも見えてくる。
 
 この日からミィを隔離部屋でケージに入れず留守番をさせることにした。仕事から帰ってどうなっているか心配ではあったが、帰って隔離部屋のドアを開けるや否やミィがみぃみぃ鳴きながら飛び出してきた。いたずらはしていなかった。いい子だ。

 さてこの日、出来上がったポスターを動物病院でも掲示してもらおうと会社の帰りに持って行ったのだが、そこで獣医さんからありがたい?言葉をいただいた。
 「知り合いに聞いて見たら、どぉ~~~~しても里親さんが見つからなければ、引き取ってもいいといってくれました。まぁ、後しばらく里親さんを探してみて駄目なら、また、話をしてみますよ」
 どうしてもみつからなければということではあるが、里親さんになってもいいということなのか???なんとも微妙なお言葉ではある。 ふにゃとしてはミィをぜひうちの子にといって欲しいのだが、そこまで望むのは贅沢なのか。ちょっと複雑な心境であった。

 夜遅くジュニコロのおやつタイム。ジュニコロには干しカマを少々おやつとしてあげていた。ミィにはおやつはあげていなかったのだが、隔離部屋から出ていたミィが目ざとく見つけ、ジュニアのそばに寄って来た。ミィがジュニアの分を横取りしそうな勢いだったので、ミィにも少し分けてあげた。おやつに夢中のジュニアは威嚇も何もせずただ黙々と食べていた。これはいい兆候かもと見ていたら、おやつを食べ終わるや否や「フゥッ!」 の声とともにジュニアの猫パンチがまたも炸裂。こりゃぁ、まだまだジュニアは受け入れてくれそうにないか。はぁ~、 なんともぬか喜びの一喜一憂の一日であった。

ケージ上段でボケボケのコロンとミィ。
f0135859_2353495.jpg
f0135859_2362490.jpg

f0135859_939209.jpg

[PR]

# by mycolon | 2007-05-05 02:41 | こねこ | Comments(2)

鴨川シーワールドへ

f0135859_2054304.jpg
日本海から一転、太平洋である。

 5月2日、連休の谷間であるが、有給休暇の消化で休みを取らされた。この日ならば、まだ空いているのではという予測の元、房総半島にある鴨川シーワールドへと約3年ぶりに出かけた。
 前回は海水プールでイルカと触れ合ったり、シャチにキスされたりと盛りだくさんであった。今回もイルカと久々に触れ合いたかったのだが、出かけた時間が遅かったため、すでに満員。残念ではあるが、豪快なシャチのジャンプの水しぶきを浴びびしょぬれになったり、海の中を飛ぶ鳥ピリカを見ていたら、突然ラッコが目の前に現れたりとそれなりに楽しんだ一日であった。

 ちょっと長いスライドショーであるが、ちょっとした海中、水中散歩が楽しめると思う。日常の雑事から逃れ、水の中を眺めるのも心安らぐものである。

http://edit.photos.yahoo.co.jp/ph/colonbouzu/slideshow?.thema=1&.spd=n&.full=n&.dir=%2F9efa&.src=ph&.view=t&.done=http%3A%2F%2Fphotos.yahoo.co.jp%2Fph%2Fcolonbouzu%2Flst%3F%26.dir%3D%2F9efa%26.src%3Dph%26.view%3Dt&submit=%A1%A1%C1%AA%C2%F2%A1%A1

*どうもリンクがうまくいかないので、お手数ですが、上記URLをコピーしてアドレスに貼り付けて移動してください。申し訳ない。。。。。

 帰りは東京湾を横断するアクアラインの海ほたるで夕焼けを見る。晴れてはいるがやはりかすんでいて対岸が見えない。夕日も雲の間にと消えてしまった。
f0135859_2173247.gif

[PR]

# by mycolon | 2007-05-03 21:08 | おでかけ | Comments(8)

新潟へ

4月29日、昭和の日。
 日帰りで入院中の父親を見舞うべく新潟へ行く。新幹線で約2時間。駅を出て車を借り、午後1時過ぎに病院へ着く。辺りの風景は昔とすっかり変わってしまっている。前回新潟へ帰ってきたのはいつだったろう。やはり、違う病院に入院中だった父親を見舞ったときだ。あれからどのくらい経ったのだろうか。記憶が定かではない。
 
 病院の後は実家へ寄り兄夫婦に挨拶した後、裏へ回り姉に会う。久々の再会だ。姉とともに母の墓参り。母の命日は4月11日。もう4年が過ぎた。早いものだ。

 姉と別れてから時間があったので、母校である高校へ行ってみた。すっかり新しくなった校舎。随分とモダンになっていた。過ぎ去った日々の記憶がよみがえる。
 学校の裏には松林があり、それを抜けると砂浜が広がる。そこでよく夕日を見た。
時刻は丁度夕暮れ。場所はちょっと違うが、久々に日本海を見ようと車を走らせる。
f0135859_6423656.jpg

f0135859_6425448.jpg

f0135859_643832.jpg

 この時期、太陽は日本海ではなく佐渡が島に沈む。晴れてはいたがかすんでいて島影が見えない。あぁ、そうだった、高校生の頃はだいたい佐渡に沈む夕日を見ていたのだ。日本海に沈む夕日は1年のうちでもわずかな時期しか見えないのだった。

              海は荒海 向うは佐渡よ
            すずめなけなけ もう日は暮れた
            みんな呼べ呼べ お星さま出たぞ

懐かしい歌が頭の中でこだました。
[PR]

# by mycolon | 2007-05-01 06:48 | おでかけ | Comments(6)