ミィ!ミィ!ミィ!

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

コロンとミーニャ

今までジュニコロミーニャの呼び名でまとめてきた我が家の猫たち。
 ジュニアが虹の橋へ行ってしまってから、その呼称をどうしようか迷っている。


 ミーニャが来る前から呼びなれている「ジュニコロ」の愛称。
   猫たちのご飯は「ジュニコロご飯」、トイレは「ジュニコロトイレ」。
 もうこれで10年以上もやってきているので、今更「ネコご飯」とか「にゃんこなんたら」とかに変えようもない。


f0135859_202634.jpg

 ジュニアがよくいた本棚の上。
   リバーシブルのベッドを裏返したら、コロンがクンクンにおいを確かめて落ち着いた。
     もしかすると、ジュニアのにおいが残っているのかもしれない。


   しばらくしたら、もふりんこ。
f0135859_204318.jpg

       埋もれていた。。。




 「コロンミーニャ」じゃただ名前を並べただけだし、「コロミー」じゃなんか変だし、
   「コロニャ」もいまいちピンとこない。

なんだかんだとやっているうちになじんでくる愛称ができるだろう。
   それまでは、現状維持かな。。。

f0135859_20121077.jpg

  めかぶ箱にあふれるミーニャ。 最初はちんまりだったのになぁ。
[PR]
by mycolon | 2013-11-26 20:14 | コロンミーニャ | Comments(2)

なんだかねぇ




  ジュニアがいようといまいと、全く関係なく時は過ぎる。 


「 Catch me if you can 」
毎日飽きもせず遊んでいたミーニャ。
 付属の棒が2本とも折れてしまい、仕方なくガムテープでつないだのだが、
       折れたところは、どうしても折れ曲がってしまう。

       でも、そっちの方が動きが複雑になって楽しそうだ。

f0135859_20551982.jpg

  コロンもコロンでマイペース。

f0135859_2056221.jpg

   二人とも何を考えてるんだろう???



     ちょっと備忘録。
 10月20日にジュニアを入院させた病院へ、コロンとミーニャを連れて行った。
ワクチン接種だ。コロンはついでに健康診断。
ミーニャもした方がいいかなと言ったら、この状態なら大丈夫とワクチンだけになった。
 コロンは体重が4キロを切ってしまっていた。
 ジュニアの体重の変化が大きすぎて、コロンのことが少しおろそかになってしまったのか、ちと反省。
  3.75キロだった。。。
   でも、腎臓と肝臓は大丈夫という結果で、ひとまずは安心。
     ミーニャは、5,75キロでおデブぅーを維持。

ジュニアと約一カ月違いのコロン、実はものすごく心配だったのだ。
  従弟同士ということもあるし、同じように育てたつもりなので、
        もしかしたらジュニアのあとを追ってしまうのではと怖かった。
   うちに来た頃はジュニアの方が何でも上だった。ジュニアのあとをいつも追っていたコロン。
  せめて寿命だけはジュニアの上をいってくれ。
     長生きするんだよ、コロン。ジュニアの分もね。。。
f0135859_2194267.jpg

[PR]
by mycolon | 2013-11-17 21:10 | ジュニコロミーニャ | Comments(4)

49日と50日祭

10月31日はジュニアの49日。
f0135859_18433687.jpg

 お寺さんから49日法要のお知らせがきたが、平日ということで辞退した。
  もともとふにゃの母が神道なので、それよりは50日祭の方が何となくピンとくるというかなんというか…。

 意味合い的には仏教も神道も同じような感じだが、それはすべて人間基準。
   猫や犬はどうなるのだろうか。

 あるサイトによると、犬、猫、馬、牛、鳥などの動物は個々の霊魂を持たないという説があるという。
    動物の意識を司る霊魂はあるのだが、それは集団霊といった存在なのだそうだ。
  ある意味、純粋な魂なので人間のように49日も迷わずにすぐに生まれ変わるということもあるそうな。

  だけど、猫も犬も個性というものがある以上、個々の魂を持っているはずだ。

人それぞれいろんな考え方、価値観があるだろう。
 肝心なのは、亡くなったものへの思いだ。
  ほかの人が何を信じどうするかというよりも、自身がどうしたいのかどう思うのかだ。

 母が生前、マイコロンに関して言っていたことがある。
  「人間にかわいがられた動物は、その霊性が上がる」と・・・。

 人間の場合は、社会的なお付き合いやらなんやらがあるので、ある程度しきたりに従わなければならないだろうが、ジュニアは猫だ。うちの中だけで生活していた完全に箱入り猫だ。
その死はごくごくプライベートなもの。家族である連れ合いとふにゃが納得すればそれでいい。
 罰あたりと言われようがなんだろうが、マイコロン始めジュニアを人間の子供と同じように弔い祀ることは誰にも迷惑をかけないこと。
 そのことによって、マイコロンやジュニアの霊性が上がるなら結構なことである。
 なによりも、残された人間にとってはそれが救いともなるのだ。

 11月ともなるとさすがに冷えてくる。
残されたコロンとミーニャ、それぞれがお気に入りの場所で寝ていることが多いが、くっつくことも多くなった。
f0135859_18465136.jpg

    ちょっといびつだけど、ハート型。

       ジュニアもきっと笑ってるよね。
[PR]
by mycolon | 2013-11-02 18:58 | ジュニコロミーニャ | Comments(3)



ねこ、ネコ、猫、ネコに振り回される毎日。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
以前の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
リンクリンク♪
ファン
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
記事ランキング
ライフログ
画像一覧
カテゴリ