ミィ!ミィ!ミィ!

<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今日のジュニコロ

  今晩は。今日は本当はマイコロンのことを書こうかなと思っていたのですが、どうも飲みすぎです。
  マイのことはあまりに酔っ払っちゃうと書けなくなるんです・・・・。
いただいたコメントのお返事もできなくて、申し訳ないです。しばらくお待ちくださいませ。

       ということで、今日は酔っ払いふにゃの登場です(笑)。


 仕事を終えて帰宅すると、必ず迎えてくれるジュニコロ。
             何はともあれ、まずはジュニコロのご飯。

 ジュニコロはご飯を食べ終えると、トイレタイムです。そして、ふにゃはジュニコロトイレの掃除・・・・。
トイレを出るとなぜか走り回り、運動会を始めるジュニコロ。にぎやかです。。。。。


  ふにゃが落ち着けるのは全てを終えてから。

 ジュニコロはというと、ふにゃの後をついて回ったり、ああしろこうしろと鳴いて呼んだりとまったくうるさい。
f0135859_22125010.jpg
ゴミ箱の上に乗ってふにゃを呼ぶコロン。
f0135859_22133250.jpg
カメラを向けると思わず手が出る。

  その頃のジュニアは、まったり。
f0135859_22142534.jpg
なんかした?うるさいんだけど、静かにしてくれる?
   
 ジュニコロの写真をしばらく撮っていなかったので、カメラを持って追い掛け回したけれど、カメラを向けると動き回るのでみんなぶれぶれ・・・・orz
f0135859_22162944.jpg
 ふにゃにまとわりつくコロン、その様子を撮ろうとしていたらジュニアが乱入。二人でペロペロし始めました。
f0135859_22173190.jpg
f0135859_22174780.jpg
仲がよさそうに見えるけど、実際はこのあと例によって追いかけっこの始まり、始まり・・・・。
               うるさいったらありゃしない。。。。。

  しばらくしたら、二人とも自分のお気に入りの場所で落ち着いていました。
f0135859_22192384.jpg
コロンはケージの中。
f0135859_2219483.jpg
ジュニアはマザーボールの上。


  今ですか?
 今コロンは、こうしているふにゃのカーディガンの後ろでくっついています。
 ジュニアはまだマザーボールの上でしょうね・・・・、多分。。。。。
[PR]
by mycolon | 2007-11-27 22:30 | ジュニコロ | Comments(10)

遊んでみました

 今日はあまりにハッピーなので、ついつい遊んでしまいました。

       まずはジュニア
f0135859_22438.jpg


       そしてコロン
f0135859_225482.jpg



      ミィはこんなんでどうかな。。。。
f0135859_2253934.jpg


       酔っ払ったついでに遊んでみたのですが、いかがでしょうか。

                やってみたい方は、こちらでどうぞ・・・・
[PR]
by mycolon | 2007-11-26 22:07 | ジュニコロ | Comments(8)

うれしいうれしいお知らせ

     前回記事にさせていただいた仔猫たち、優しい家族が見つかりました。

           バンザーイ!\(∇~*\) (/*~∇)/バンザーイ!
f0135859_11321839.jpg


      こんなにも早く里親様が見つかるなんて、なんてラッキーな子達でしょう。
                それも、二人一緒です。離れ離れにならなくてよかった・・・。

f0135859_11323432.jpg


     とってもうれしくって、思わず昼休みに更新です(笑)。

   里親様も優しそうで素適な方です。ほんわか、幸せな気分で午後の仕事ができそうです。

    「美々のつぶやき」   こちらで幸せ報告が載っています。

    ka-tanさん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。。。。。。
                          読んでくださったみなさまにも、ありがとう。。。。。。。
[PR]
by mycolon | 2007-11-26 11:38 | こねこ | Comments(5)

緊急  優しい家族を探しています

f0135859_2118487.jpg


 はじめまちて。。。。

       誰かワタチのママになってほちいな・・・・


 今日エイミーさんのブログ「空飛ぶ猫」を拝見して思わず涙が出てしまいました。


  こんなにかわいい盛りの子達を寒空に放置するなんて・・・・。
     優しいka-tanさんに見つけられなければ、今頃は虹の橋へ行ってしまっていたかも。

            可愛らしい男の子と女の子。
f0135859_21263435.jpg


 ぜひ、ka-tanさんのブログ「美々のつぶやき」(←クリックしてください)をご覧になってみてください。

 場所は東京としかわかりません。これからいろんな情報が入ると思います。
連絡先等もまだ不明ですが、家族になってくださる方を探しています。
詳細等わかりましたら、また、お知らせさせていただきたいと思います。

 どうか、この子達に幸せを・・・・・。祈らずにはいられません。。。。。。


*22:15追記
ka-tanさんが里親さん募集の専用メルアドを公開してくださいました。
この子たちの情報もあります。

「里親専用の連絡用メールアドレスです
merry_jun0214★yahoo.co.jp (★を@に換えて入力してください。)

生後1ヶ月半~2ヶ月くらいだと思います。
男の子の尻尾は長く、女の子の尻尾はとても短いです。
仔猫用のカリカリを食べています。
トイレもok! 風邪もひいていません。

里親になってくださる方が決まった場合、なるべくお家までお届けにあがりたい
と思っている都合上、東京23区とその近郊にお住まいの方を希望します。」

   ということなので、どうか、よろしくお願いいたします。。。。。
[PR]
by mycolon | 2007-11-22 21:40 | こねこ | Comments(6)

峠 ~マイコロンの思い出、その6~

*これは今から12年以上も前の話である。記憶違いのこともある。
         今とは猫を取り巻く環境も違う。ふにゃの猫に関する知識もまったく無い頃のことである。そのことをお含みおきお読み下さい。


 ”マイケル”を病院へ連れて行って3日目、確か木曜日であった。(となると、最初に病院へ連れて行ったのは、6月6日の火曜日ということになる。どうも、この辺の記憶がうやむやである。)
 最初に獣医さんは薬を出してくれて、しばらく通いなさいということだった。
                             注射やら診察やらやたらお財布が軽くなった。
 その日も獣医さんに連れて行きいろんな処置をしてもらって帰宅。

 ”マイケル”は、うちに来てからぐったりしたまま寝てばかり。
この日もぐったりは変わらなかった。ところが、様子を見ていると体温がどんどん下がってくる。抱いていても冷たくなっていってしまう。

      大パニック!!!!

 どうしたらいいのかまるでわからず、バスタオルにくるむ。

 通っていた獣医さんは夜になると誰もいなくなる。緊急時は自宅に電話をして来てもらうことになる。あわてて電話をする。

  そうこうしている間にもどんどん体が冷たくなっていく。。。。。。。。


        「死なないで、死なないで、死んじゃだめ・・・・」


 知らず知らず涙がこぼれる。歩いて5分ほどの獣医さんへの道がやたら遠く感じる。
帰宅してきた連れ合いと一緒に”マイケル”を抱きかかえて歩く。夜はとっぷりと暮れている。
 途中、「抱くのを代わろうか」と連れ合いが声をかけてくれたが、このままふにゃの手からすり抜けていきそうな命のぬくもりを、何としても捕まえておきたくて「大丈夫だから」と断った。

 動物病院へつくと獣医さんはすでにスタンバイ。獣医さんが神様に見えた瞬間である。

    緊急輸血。

 えっ!輸血!?血液型とかどうなってるの?とかいう疑問が浮かんだが、今はそれどころではない。
 この動物病院にいる猫ちゃんから血液をもらうという。

 「今夜が山ですね・・・。」

         えっ!!!! 何・・・・・・何それ・・・・・。

                         獣医さんの言葉が頭の中をこだました。。。。。

そうか、ノミが一匹もいなかったのは、沈み行く船からネズミが残らず逃げ出すように、”マイケル”も沈み掛けていたからなのだ。

f0135859_2122547.jpg
今年のマイコロンの命日
[PR]
by mycolon | 2007-11-21 21:27 | ねこ | Comments(8)

腹いせ?

  そりゃあね、私だって少しは反省してるよ。
          二日続けて帰りが遅くなっちゃったのは・・・・。


 だけど、それも仕事なんだから仕方ないじゃない。
                       少しはわかって欲しいなぁ。
 おなかを空かして待っている君たちのことを忘れたわけじゃないんだからね。

だからって、こんな仕打ちはあまりじゃないの・・・・。
f0135859_16404435.jpg



 いつもよりあわただしかった一週間の仕事を終えた金曜の夜、帰宅するといつものように出迎えてくれたジュニコロ。
部屋の中に入り、ふと見ると、寝室の前のジュニアよけに置いてあるキャリーがずれ、ドアが少しだけ開いていた。

                     嫌ぁ~~~な予感・・・・・。

 恐る恐る寝室に入り、ベッドの上を確認する。。。。。。

 予感的中。
         連れ合いの丸めた羽布団がぐっしょり・・・・・。   
                                   やられたぁ~~~~~。

あわてて、おフロ場へ持っていき、カバーをはずす。カバーの上からではどこにやれたのかよくわからないからだ。
 見事に地図が書かれていた。

 地図の上に熱湯をかけて足で踏み踏みしたのち洗濯機に入れる。

犯猫はそんなふにゃをよそ目に、食後の水をのんびりと洗面所で飲んでいた。
f0135859_16594092.jpg
ん、なんかしたの?忙しそうだね。byジュニア
f0135859_1702387.jpg
忙しいのは君のせいだろうが。
f0135859_171687.jpg
それだったら、もっと早く帰ってくることだね。最近あまりかまってくれないからこうなるんだよ。ぼくのせいじゃないもん。

 はぁ~~~~、やっぱり、お猫様には勝てません。。。。。。
[PR]
by mycolon | 2007-11-17 17:08 | ジュニコロ | Comments(13)

どっちがお得?

 今日、仕事で外出した際に、本屋さんに寄って買った本。
f0135859_22521386.jpg
左は大島弓子さんの写真漫画、右はねこぱんち。

     下世話な話、大島さんのものは1890円、ねこぱんち450円。

 さて、どっちがお得か?

  答えは人さまざまだと思うが、写真漫画は正直な話10分もかからず読み終えた。ねこぱんちは「ゆっくりおフロで読みにゃ!」とあるので、素直に従いおフロで読んでみたが、半分ほど読んだところで、のぼせそうになってギブアップ。


 う~~~ん、10分で1890円は高い・・・・。


    話は変わって、ジュニコロ。ご飯の催促はジュニア。おやつをねだるのはコロンの仕事。

おやつをねだって、ウロウロしまくりのコロン。
f0135859_230342.jpg

f0135859_2304728.jpg
f0135859_231740.jpg

いざおやつ、食べるのは一緒。食べ終わるのが早いのはジュニア。さて、ジュニアとコロン、得をしてるのはどっちだ?
f0135859_2391418.jpg


 ぼくね、絶対損してるような気がする・・・・byコロン
f0135859_2335163.jpg
どうでもいいけど、流し台に乗るのは止めて欲しいんですが・・・・
f0135859_235651.jpg
えっ!そうなの、それじゃぁ、カメラを構えてる場合じゃないよね
f0135859_2355133.jpg
そりゃ、そうだ・・・・。
[PR]
by mycolon | 2007-11-12 23:10 | ジュニコロ | Comments(11)

寝子~マイコロンの思い出その5~

*これは今から12年以上も前の話である。記憶違いのこともある。
         今とは猫を取り巻く環境も違う。ふにゃの猫に関する知識もまったく無い頃のことである。そのことをお含みおきお読み下さい。



 ”マイケル”をとりあえずうちに置くことにした日から、安心したのか猫は寝てばかりいる。
さすが寝子と書くだけあるなぁと変に感心。今まで放浪していた疲れが出たのだろうとばかり思っていた。

 平成7年6月4日日曜日、トイレも水切り籠のままではかわいそうということで、連れ合いとともに一駅離れたホームセンターに買出しに行った。買ったトイレは、フードつきで出入り口はスウィングドアになっている。フードの天井部分に活性炭でできたフィルターを取り付けらるようになっていて、臭い対策になるという。
 実はこのトイレ、今も現役で主にコロンが使っているものだ。考えてみたら、何と物持ちがいいんだろう・・・・。

 そのほかにも必要な猫グッズを買い求め、さっそくトイレを設置する。
飼育所に書いてある通りに、トイレの一番下に新聞紙を敷き、ビニールシートをセットし砂を入れる。スウィングドアをわかってくれるか心配で最初は扉をガムテープで上に固定した。使ってくれるかどうか不安だったが、そんな心配をよそにいとも簡単に使ってくれた。何も教えていないのに、自分からくんくんにおいをかいで、トイレを使ったのだ。何と賢いことか。初めての猫だけに、こんなことでも感心してしまうのだった。

 肝心の動物病院であるが、電話帳などで探してもどこの病院がいいのかさえよくわからない。電柱の看板を見つけて、連れ合いと話をつけ、6月7日水曜日、仕事を終えてから当時の自宅から歩いて5分ほどの動物病院へ連れて行くことにした。このときはまだキャリーバッグも買ってなかったので、本に書いてあるとおり洗濯ネットに入れ、トートバッグで連れて行った。今から思うとちょっとかわいそうではある。

 初めての獣医さん。それはなんだか大学の研究室を思わせた。雑然と並ぶ本と古びた机。診察台にはかりやなにやらいろんな器機が並んでいた。獣医さんは一応白衣を着ていたが、その白衣もなにやらくたびれている。頭の中で「大丈夫か?」という疑問が湧いたが、動物のお医者さんというのはこんなものなのかなぁとその疑問を振り切る。動物病院を出た後で、連れ合いは「いかにも獣医さんって感じがする」と感想を述べたが、「そう?」としか答えられなかったふにゃである。
 診察はまず体重から。昔保健室のあったような体重計にのせる。針がくるっと回って4キロをさす。
「まぁ、こんなもんかなぁ」と獣医さんの言葉。平均的な体重らしい。何をもって平均というのかは不明である。
 次に触診、目と歯を調べ、血を抜く。その間まったく抵抗せず、なすがまま。どへぇ~~~という感じで、今のジュニコロの暴れ具合と比べると、とんでもなく大人しい。獣医さんが「ついでにノミでも取ってやってて」とノミ取り櫛を渡してくれた。だが、ノミは一匹も出てこない。以前、ノミ取り用の首輪をしていたからか?いや、これには訳があった。その訳は後になってわかるのである。
 さて、結果、歯石のつき具合から、おそらく4歳くらい。未去勢、オス。歯茎がやけに白っぽいという。目も瞬膜が出っ放しで体調がいかにも悪いということ。血液を調べると、ものすごい貧血だ。獣医さんの見立てでは「ヘモバルトネラ」という病気が考えられるという。何の知識も無かったふにゃたちはうなづくしかなかった。今であれば、ちゃんとFeLV,FIVの検査を何を置いてもするのだが、獣医さんは専門家だという意識もあって、全てを信頼して任せてしまったのだ。

 茶トラ白、しっぽがやけに短いオス。相当喧嘩をしたらしく、耳に傷跡がある。鼻筋にも一筋の傷跡。 こんな特徴を持った猫で”マイケル”という名前の猫が、以前来たことが無かったか獣医さんに聞いてみたが、無いという。

 そして、ワクチンをどうするか話をする。
今の状態では危険なので、体力がついてからということだった。ひどい貧血状態で、おそらくは立ち上がるだけでもふらふらの筈だという。道理で寝てばかりで動かないと思った。寝子だからということではなかったのだ。馬鹿だなぁ、ふにゃは・・・・。

 
   一番元気だった頃のマイコロン。 
f0135859_17193777.jpg

[PR]
by mycolon | 2007-11-10 17:34 | ねこ | Comments(8)

半分うちの子~マイコロンの想い出その4~

*これは今から12年以上も前の話である。記憶違いのこともある。
         今とは猫を取り巻く環境も違う。ふにゃの猫に関する知識もまったく無い頃のことである。そのことをお含みおきお読み下さい。



 連れ合いが”マイケル”をうちの子にしようと爆弾発言をした翌日、仕事から帰ると・・・・。


      いた。いつものようにうちのドアの前で待っている”マイケル”・・・・・・。


 うれしいような、本当にいいのかという戸惑い、そして不安。。。。。。。


とりあえず必要となりそうなトイレ代わりの水切り籠、砂、缶詰などを買いに近所のスーパーへと向う。
 その間、ずっと自問自答をしていた。
 面倒を見切れるのか、飼い主さんが探しているだろう、
飼い主さんが見つからなかったらどうなるのか、これから先の生活は、etc、etc・・・・・・・。

 4匹の猫と同居している友人に電話をする。
迷子の猫をどうしたらいいのかと聞くと、とりあえず病院へ連れて行くようにといわれた。
病気のことを考え、保険だと思ってワクチンは必ず打つようにとも・・・・。

 猫は小さい頃から好きだったが、母が「猫はうちの中へ泥足で上がるから」と許してくれなかった。
放し飼いが当たり前で、ねこをうちの中だけで生活させるなどとは夢にも考えられなかった頃の話である。
猫に関する情報は、この友人、そして手に入れた猫の飼育書一冊。頼みの綱はこれだけだ。
インターネットもさほど普及していなかった。
うちにはパソコンはあったが、インターネットがつながるのはこれから7年も先のことになる。

 こうして”マイケル”との生活が始まった。
やたらチーズが好きな”マイケル”。放浪していたときには食べ物のえり好みなどできなかったであろう。ふにゃがチーズを食べようとすると、ものすごい勢いで欲しがった。まだ、猫にあげてはいけないものとかわかっていないふにゃは、「じゃぁ、半分こね」と平気で食べさせたりしていたのだ。ほかの猫用の缶詰やドライフードはあまり食べようとはしなかった。食欲があまりなかったのだ。だが、それさえもふにゃは初めての猫なので、こんなものなのかと思ってしまったのだった。

まだ、放浪していた頃の精悍さが残るマイコロン(マイケル)
f0135859_22402498.jpg

[PR]
by mycolon | 2007-11-05 22:45 | ねこ | Comments(9)

デジャヴ?

 先日見られた光景。
f0135859_22473346.jpg


     誰が何をしているのかというと・・・・・・


                 コロン

f0135859_22482262.jpg
普段は行かないテレビ台の後ろに入り込んでしまいました。
f0135859_22485883.jpg
何を考えているんだろう・・・・
f0135859_22492159.jpg
f0135859_22493511.jpg


  この光景、どこかで見たことがあるなぁと思ったら・・・・・・

        探検隊長ミィだった。。。。。。。


   今頃ミィはどうしているのかと、ふと思い出した秋の夜。。。。。。
                         コロンもミィのことを思い出したのかな。
[PR]
by mycolon | 2007-11-01 22:59 | ジュニコロ | Comments(16)



ねこ、ネコ、猫、ネコに振り回される毎日。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
以前の記事
最新のコメント
すごい進歩ですね~♪ ..
by kimagureme at 16:02
みなさん、ありがとうござ..
by mycolon at 11:05
おはようございます。 ..
by ぶち猫ぶーちゃん at 08:10
さこんさんとの距離がすご..
by みな at 13:20
コメントありがとうござい..
by mycolon at 14:37
お気に入りブログ
リンクリンク♪
ファン
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
記事ランキング
ライフログ
画像一覧
カテゴリ