<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

9月25日

 この日は仲秋の名月ということで日本中いや中国もそうか、多くの人がお供えをして月を見上げたことだろう。
 
 ふにゃ家ではこの日はけして忘れることのできない大事な日である。

                          初代猫であるマイコロンの命日なのだ。
f0135859_22574817.jpg


 マイコロンが初めてふにゃの前に姿を現したのは、今から12年も前のことになる。
今のマンションに引っ越す前のずいぶん昔のことである。

 忘れもしない1995年5月16日の朝のこと。最初は首輪をしていたので、どこかの飼い猫だろうと思っていた。やけに人懐っこい子で、子供たちに囲まれ民家の門柱の上でミャァミャァ鳴いていたのだ。その日は連れ合いが間違えてふにゃの部屋の鍵を持っていってしまった。出かけるときに鍵がないことに気づいたふにゃは、仕方なく不動産屋さんに電話をして鍵を借りようとしたが、大家さんのところにしかスペアキーが置いていないとのことで、歩いて5分ほどの駅とは反対方向の大家さんの家へと向った途中で出会ったのだ。仕事に行く前で時間のなかったこともありそのときはそれで別れたのだが、仕事を終えて帰宅し大家さんへ鍵を返しに行った帰りもその猫はいた。一日中そこにいたのだろうか。首輪には「マイケル」と書いてあった。ほかに連絡先等はない。

 「早くおうちに帰らないと、おうちの人が心配するよ」

 声をかけても、その場でゴロンと横になりゴロゴロするばかり。

しばらくそばにいたが、どうすることもできず日は暮れていく。
夕ご飯のしたくもしなくてはならない。

思い切って立ち上がり、ついて来るなら仕方がないかと振り返ると、ある場所まで来るとそこで立ち止まり「行かないで」ともいうようにミャアミャアと鳴く。
振り向きつつその鳴き声に後ろ髪を引かれる思いで帰宅したふにゃである。
 連れ合いが帰宅して夕食をとりながら事情を話す。そして、猫がいた辺りへと連れ合いとともに出かけたが、すでに猫はいなかった。おそらく自分の家へと帰ったのだろうと、連れ合いと話しながら家へと戻ったのだ。


 *長くなりそうだ。今日はこのくらいにしておこう。続きは少しずつでも書かせていただきたいと思う。
[PR]

by mycolon | 2007-09-27 23:08 | ねこ | Comments(10)

キャットニップ初体験

 我家ではトイレの悩みは尽きない。
ジュニコロのおちり癖が悪いのは以前にも書いた通り。
某掲示板で「おまるdeキャット」を試用させてくださるという方がいて、
お願いしてみたところ、さっそく送っていただいた。
f0135859_223023.jpg

砂をどの程度入れていいものやら悩んだが、とりあえずこんなものかと置いてみた。

 トイレと一緒におもちゃが同封されていた。キャットニップの入ったおもちゃだ。
その心遣いに感激し恐縮してしまう。
KT2さん、ありがとうございます。。。。何とお礼を申し上げていいのやら・・・・。

 さて、ジュニコロはまたたびをあげるとなぜか凶暴になり、プロレスごっこが始まってしまうのだが、
キャットニップではどうだろう。今まで、キャットニップはあげたことがなかったのだ。

袋を開けると同時にジュニコロが反応。すぐに興味を示す。
動画はこちらへ
動画はこちらへ

 結局は、またたびと同じような反応だ。

出しっぱなしにはできないと、このあとすぐに回収して引き出しにしまった。
たまに出して遊ばしてあげることにしよう。

 肝心のトイレはというと・・・・。


1週間経った今でも、未使用のまま・・・・・。
そばを通りかかったコロンが、トイレに向って砂をかける動作をするくらいでまったく無視されている。
あと一週間様子を見て使ってくれそうになかったら、あきらめるしかない。
まったくもってジュニコロのトイレは頭の痛い問題である。
[PR]

by mycolon | 2007-09-25 02:20 | ジュニコロ | Comments(12)

ジュニコロの受難

 9月17日三連休の最終日、頭を悩ませていたジュニコロのワクチンを接種するべく車で移動。

 今のマンションに引っ越したのは2004年の年の瀬も押し迫った12月28日。それからすでに約二年九ヶ月。引越し先の近所で動物病院を探すのもあまり時間がなく、ミィの里親さんになってくれた獣医さんのところは予約制ではなく順番待ち、かつ、猫に関してはどうなのかいまだよくわからないままである。フェレットに関しては、有名な獣医さんらしいということはわかっている。いつも待合室にはフェレットを抱え順番待ちをしている人が多いのだ。

 ワクチンに関しても悩んでいた。3種か、5種か、はたまた7種。打つ間隔にしてもあるHPの情報によると、10年間はワクチンの効果があると記載されている。これは実験のための環境であるから、リスクを考えると3年に1回というのが今のアメリカでの基準になっているそうだ。猫の気持ちという情報誌でもワクチンは3年に一回というのが載っていた。だが、これもまだ一般化しておらず毎年ワクチンをというのが獣医さんからお知らせで来る。

 うちの近所で何かあったら歩いてでもいける所で、順番待ちでなく予約制で受けてくれてなおかつ、猫のことに関してちゃんとわかっている獣医さんを見つけるという課題が、クリアされないままジュニコロのワクチン接種のお知らせが7月に届いていたのだ。

 悩んでも結論はなかなかでないので問題を先送りすることにして、
引っ越す前からお世話になっていた獣医さんへ行くことにした。

 うちを一歩出ると鳴きまくりのジュニコロ。それだけでも疲れそうだ。
ジュニアはまだ体力があるのか、鳴き止むことがない。コロンは途中で疲れたようだ。
移動中の車の中。コロンは鳴き疲れ。動画はこちらへ
ジュニアはまだまだ元気だ。

 3種混合のワクチンを打つ前に簡単な診察。
ジュニアの気になっていた首の後ろのおできも良性らしい。コロンの歯石も大きなものは爪でパリンと取ってもらった。歯石除去の手術はまだ不要だということ。
 体重はジュニアは5.38㎏、コロンは4.48㎏。体型からいって標準だろうということ。
ジュニコロもそろそろお歳だといったら、獣医さんが「猫で本当に年をとったと思うのは14-15歳」という話をしてくれた。まだあと5-6年はジュニコロも元気でいてくれそうだ。

 帰りの車の中で、コロンがいきなりふギャふギャうるさく鳴いたと思ったら・・・・。
ぷぃ~~~~んとあのにおい・・・・。
窓を思わず全開にする。
 
 しばらくしたら、ケホケホとまたもコロンが始める。

 確か去年も獣医さんに行ったときにコロンが同じようにうん○をしてくれた。そのときは獣医さんで新しいペットシーツを敷いてもらったが、今回は獣医さんからの帰りでうちに着くまであのにおいがお友達であった。。。。。
心配なのは、コロンがうん○、ゲロッピまみれになっていないかということである。

 うちに着くとすぐにキャりーからジュニコロを出し、お片づけ。幸いコロンはうんまみれにもならず、無事であった。

 ジュニアも災難であったが、一番大変だったのはコロンだろう。
心配していた副作用もなく、まったくいつもどおりにご飯をねだってニャアニャアうるさいのは幸せの証拠かもしれない。
f0135859_23335359.jpg

[PR]

by mycolon | 2007-09-21 23:39 | ジュニコロ | Comments(9)

富士サファリパーク

 9月16日、三連休のど真ん中、まるで夏のような日差しの中、富士サファリパークへと11年ぶりに出かけた。

 裾野インターに近づくにつれ雲行きが怪しくなる。
次第に大粒の雨がフロントガラスをたたきつけるようになり、土砂降り・・・・。
 
 かと思うと、またも雲が切れ雨が止む。山の天気は気まぐれだ。

 あいにくの天候となってしまったが、それでも動物たちのしぐさに目が釘付けとなってしまった。
f0135859_2372455.jpg
f0135859_2375172.jpg
f0135859_2381759.jpg
雨でなおかつ車の中から撮っているので、フォトがうまく撮れない。

 トイレにいって手を洗うと、水が冷たい。
やはり、山は気候が違う。

 行った時間が遅かったので、残念ながら猫の館もライオンの赤ちゃんもは見ることができなかった。
まあ、仕方がない。

 下界に戻ると、またも夏のような残暑。
しばしの間ではあったが、日常の雑事から離れて童心に返った貴重な時間であった。

 お時間のある方は、こちらのスライドショーをごらんになってくださいませ。。。。
URLが長いのですが、コピぺでジャンプしてください。

http://edit.photos.yahoo.co.jp/ph/colonbouzu/slideshow?.thema=5&.spd=n&.full=n&.dir=%2F358e&.src=ph&.view=t&.done=http%3A%2F%2Fphotos.yahoo.co.jp%2Fph%2Fcolonbouzu%2Flst%3F%26.dir%3D%2F358e%26.src%3Dph%26.view%3Dt&submit=%A1%A1%C1%AA%C2%F2%A1%A1
[PR]

by mycolon | 2007-09-19 23:17 | おでかけ | Comments(8)

三毛猫の謎

ご存知の方も多いと思うが、漫画で「はぐはぐ」という猫がいる。

 未去勢のオスで放し飼いという何ともけしからぬ漫画なのだが、まあフィクションということでここはふれないでおこう。このはぐはぐ、絵の描き方からしてどうも三毛猫らしい。三毛のオスは大変珍しく3万匹に1匹くらいだという。そしてそのオスには繁殖能力がないことがよく知られている。ところが、このはぐはぐには子供もいるのである!

 この漫画を読んでふにゃの頭の中はクエスチョンマークでいっぱいになってしまった。
そこでちょっと調べてみた。ややこしい話になるので、手短に簡単に書いてみる。
詳しくお知りになりたい方は「招き猫大解剖~三毛猫の科学~」こちらを参照していただきたい。

 昔から三毛猫のオスがほとんどいないことは知られていたが、遺伝学的にその理由が解明されたのは1960年代だ。 猫の毛の色は遺伝子によって決められる。その遺伝子を収納しているのが染色体。猫の染色体は19対38本。その中の一対が性染色体。メスならばXX、オスならばXYとなるのは遠い昔学校で習ったとおりだ。

 さて、ややこしいことはすっ飛ばして猫の毛を茶色にする遺伝子は、この性染色体Xの中にある。遺伝子でもその性質を出せという優性遺伝子、出すなという劣性遺伝子があるのも、習ったとおりだ。茶色にしろという遺伝子と茶色にしないという遺伝子が二つそろうと三毛猫になる。二つそろうためにはその情報が入っているX染色体が2つ必要だ。ということでオスにはX染色体が一つしかないため三毛にはならないというのが遺伝学上の通説。

 しかし、現実に三毛のオスは実在する。
2006年1月8日に閉園してしまったが、ねこたまにいた福ちゃんもオスの三毛である。
f0135859_18493154.jpg
f0135859_18495760.jpg
2005年の暮れにねこたまを訪れた際の福ちゃん。幸運を呼ぶ猫としても有名だった。

 三毛猫のオスの性染色体はXXY。いってみれば異常な染色体なのである。

 普通の体の細胞は分裂する際に染色体の複製を作る。しかし、性細胞だけは染色体の複製は作らず、減数分裂というものが行われる。オスならばXとY、メスならばXとXに分れるのだ。性染色体を一本しか持たない精子と卵子が受精して、精子の性染色体一本と卵子の性染色体一本がペアになる。肝心の三毛のオスであるが、精子、卵子が生まれるときに減数分裂に失敗して、性染色体を2本持った精子や卵子が生まれることがまれにあるそうだ。この異常な性細胞が正常な受精をすると、X+XY=XXYもしくはXX+Y=XXYとなり、三毛猫のオスが誕生する。
 
 このXXYの染色体は、奇数であって2つに分かれるという減数分裂をすることができない。
ということで、三毛のオスは正常な精子を作ることができず、繁殖能力がないということになるのであるが、はぐはぐは?

 な、なんと生殖能力を持つ三毛猫のオスも存在することは存在するらしい。XXXYという染色体を持ついわばスーパーオス。Xが二つ以上で三毛になることができ、偶数の染色体を持つことで生殖能力もあるというわけだ。いってみれば何とも貴重な猫だということができる。

 昔船乗りは三毛のオスを守り神として大切にしたそうだが、はぐはぐの飼い主さんはこのことを知っているのだろうか。まあ、漫画の中のことであるのでどうでもいいといえばどうでもいいのであるが、三毛のオスでも繁殖できる奴がたまにいるとわかっただけでも収穫であった。。。

 うちにいたミィはまったくもって正常な三毛の女の子。
f0135859_20524539.jpg
やっぱりおうちの子にすればよかったかなぁと思い出すこと多々あり・・・・。

そしてジュニコロは・・・
[PR]

by mycolon | 2007-09-15 20:53 | ねこ | Comments(12)

箱入り息子

 今日は散々・・・。

だぁれだ?

猫と箱は切り離せないもののようで・・・
空いたダンボールを廊下に出すと、わなを仕掛けたかのように猫が入ります。
f0135859_22551351.jpg
ジュニアも
f0135859_22555796.jpg
コロンも
f0135859_22561185.jpg
箱が好き
f0135859_22563021.jpg
ふにゃの顔を見るとすぐにおなかを見せるジュニア。平和だなぁ・・・・。
f0135859_22565551.jpg


とにかく、今日は疲れまちた・・・
[PR]

by mycolon | 2007-09-11 22:58 | ジュニコロ | Comments(13)

ウンチコロンにチッコ虫

 この土日、キッチンの壁紙の張替えでジュニコロはまたも幽閉生活。

最初は余裕ののんびりまったり。

なぜかミィの使っていたトイレでくつろぐジュニア。
f0135859_022121.jpg


コロンはふにゃのいすの上を占領してご満悦。
f0135859_023364.jpg


 そのうち、居心地のいい本棚の上に移動した二人。
 
 一番上は気持ちいいんだな。
f0135859_0241766.jpg

 そっちのほうが見晴らしよさそうだけど、どうしようかなぁ。
f0135859_0252916.jpg

 ケンカしないで仲良くして欲しいんだな。
f0135859_0261793.jpg

わかった、じゃぁ、こっちにいる。
f0135859_0264474.jpg
でもなぁ、あっちのほうがよさそうなんだよなぁ。。。
f0135859_0273477.jpg


 とかなんとか・・・・いっていたのだが・・・・・

 幽閉生活は何かとストレスが溜まるようで、朝一番にふにゃの洗面台でチッコを発見。
おそらく犯猫はジュニア。
 その後、寝室をチェックしたらいつの間にか連れ合いのタオルケットにチッコのあとが・・・・。
おそらく連れ合いが起きてから寝室を出た後、ジュニアが例の如くドアを開け侵入した際に犯行に及んだ模様。。。。
 朝一番で洗濯機を回すことになった。。。。。

 そして幽閉生活も終わり夕方のこと、和室に入ったらチッコくさい。
ソファにかけてあったカバーを邪魔くさいと連れ合いが和室に投げ、放置されていた。
においをかぐと、くちゃい。さらにその下に埋もれていたふにゃのディバッグにもチッコのにおいが・・・・・。
 
 普段の洗濯にくわえてこれが本日3回目の洗濯機、いい加減にして欲しい。。。。

 もう、うんざり。。。。と、まだ続きが・・・・

 寝る前の歯磨きをしようと洗面所へ行くと・・・・・・ウンぴ・・・・・・・orz。

トイレトレーニングは完全に失敗している。ジュニアはお布団とかにおチッコをするのが気持ちいいと完全に学習しているし、コロンは洗面所のシンクがウンチ場所だと認識している。
 どっちがいいとかそういう問題ではないが、ジュニアの粗相は後始末が大変。コロンのウンチはまだ楽だ。
君たち、ストレスがたまっているのかもしれないけれど、ウンチ、チッチはちゃんとトイレでして欲しい。 ふにゃのこんな思いは二人に通じないのであろうか・・・・。

ナァ~~~ン、だって気持ちいいんだもんねぇ~~~。
f0135859_0425985.jpg


 片付けるのは下僕の仕事じゃ。文句をいうな。
f0135859_044957.jpg
この豹変振り、負けました。。。。
[PR]

by mycolon | 2007-09-10 00:53 | ジュニコロ | Comments(8)

フィートウ

 昨夜から降り出した雨とすさまじいまでの風。一晩中風の音が鳴り響いていました。
サッシを閉めていれば雨音は聞こえないのですが、風の音がひゅうひゅうと聞こえます。

  どうどどどう、どどうどど・・・・宮沢賢治の世界だ。。。。

 今朝起きて外の様子を見ると、目の前の川の様子がいつもと一変。
河川敷にあったはずのサッカーや野球のグラウンドが水没して川になってしまっていた。
f0135859_22112476.jpg

 サッシに雨が激しくたたきつけ、風も相当な強さ。

 台風情報を確認。仕事に行くのがいやになる。
それでも行かなくちゃいけないこの辛さ。。。。コロン、お前はわかってくれてるのか。
f0135859_2217348.jpg


 「うん、大変だね。まぁ、頑張って行ってきてよ、情報はチェックしとくから」
f0135859_22174143.jpg
振り向きもせずこういわれてしまうと、腹がたつ。

 君たちのご飯を稼ぐために働いてるんだから!ホントにもう。。。。

*ニュースを見ると、どうやら危険水域を越えたようで、河川敷で生活していた人たちやゴルフなどをしていた人がレスキューされたようだ。しかし、中には流されて行方不明になったり、なくなった方もいる。ご冥福を祈りたい。。。
 ねこも流されていて一緒に救出されたというニュースもあった。人命も大切だが、ねこの命も救ってくれたことに感謝。
 これ以上、被害が大きくなりませんように・・・・。

*9月8日追記
   今朝、川を見たら随分と水が引いていた。
  まだ水はにごっており、対岸を見るとまだいつもより増水しているのがわかる。
f0135859_1431561.jpg
 
[PR]

by mycolon | 2007-09-07 22:32 | ジュニコロ | Comments(3)

コロン、セミになる

 2-3日前から腰がおかしい。
それが今日の朝、椅子から立ち上がろうとしたら、ぐぎっ!とまではいかないが軽くクキッときた。

   やばい!

 気をつけないと本格的なぎっくり腰になりそうな気配。しばらく様子をみたが、今日は仕事を休んだほうがよさそうだ。以前通っていた整骨院へ行ってみよう。

 ということで、午前中は整骨院へ。腰はしばらく通う必要がありそうだという。お風呂へ入るのを控え軽くシャワーだけにして、シップをして安静にするようにとのこと。言われたとおり、午後からは家の中でのんびり安静に努めたふにゃである(笑)。

 そんなふにゃのそばで、同じくのんびりのジュニコロ。
f0135859_1851754.jpg
コロンが落ちていたので、30cm物差しを置いてみた。

定位置の本棚の上のジュニア。
f0135859_1863794.jpg
よく見ると舌が出ている。
f0135859_186542.jpg
撮影禁止ですから・・・
f0135859_1871172.jpg



 夕方お茶を飲もうと台所へ行き、ふとベランダに目をやるとまたもお客様。
前回のお客様より元気がよさそう。近づいてみると、いきなりじ~~~~~と鳴き出す。
鳴いているところを撮ろうかと、カメラを持ち出すと・・・・。
動画はこちらへ
セミがいきなり飛び立ち、あれっと思ったらコロンがセミになっていた。。。。。
[PR]

by mycolon | 2007-09-04 18:18 | ジュニコロ | Comments(14)

幽閉されたジュニコロ

 大変なことになってます。

 何がって?

 リビングの壁紙の張替えで、朝からたくさんの人が出たり入ったり。

 どやどや、がやがや、なにやらがさごそ。時折すごい音も聞こえます。
いつもは開けっ放しのドアもぴったりと閉じられ、なにやらビニールまでかぶせられてる。
f0135859_005533.jpg

リビングの中も、いつもとは様変わり。
f0135859_03940.jpg
壁紙がはがされたままの状態で1週間。今日はちゃんと新しい壁紙が貼られる予定。

 ジュニコロは作業の邪魔になるので、ミィの隔離部屋にもした書斎に幽閉です。
最初は何とか大人しいジュニコロたち。
 ここはジュニアのお気に入りの本棚の上。なぜかコロンがまったり。
f0135859_06314.jpg
f0135859_064618.jpg
思わず手が出る。
f0135859_071242.jpg

ジュニアはというと
f0135859_073010.jpg
あちこちすりすり、にゃぁにゃぁ落ち着かない。


 しばらくすると、ついに「出せ~、ここから出せ~」とばかりに二人ともうるさい。
f0135859_0103121.jpg
ドアの前で陣取るコロン。

ジュニアは何度もドアを開けようとして、ふにゃや連れ合いに阻止される。
ドアの前の攻防が始まってしまった。
コロン・・・「早く、ドアを開けてくれないかなぁ。。。。」
f0135859_0122171.jpg

ジュニア・・・「本当に早く出たいよな。部屋の外からいろんな音がするから、気になるよなぁ」
f0135859_0142080.jpg

などと話をしているように見える。。。。

 とにかくドアを見つめる。。。。。
f0135859_0174476.jpg


 ジュニアの落ちつかない様子に、コロンがペロペロ。
f0135859_0184026.jpg
f0135859_0185787.jpg


 3時過ぎには作業終了、ジュニコロも晴れて自由の身に。
f0135859_0201680.jpg

きれいになった壁紙。だけど、ジュニアが爪を研いだりしちゃうんだよな。。。。
来週は台所の壁紙の張替え予定。またもジュニコロは幽閉生活を強いられることとなる。

 「もう幽閉生活はやだぁ~~~」byコロン
f0135859_0262584.jpg

[PR]

by mycolon | 2007-09-03 00:29 | ジュニコロ | Comments(6)