ミィ!ミィ!ミィ!

カテゴリ:ねこ( 19 )

悲しいことが立て続け…

7月31日のブルームーン、連れ合いと二人で眺めながら
 「みんな、みんな、世界中のみんなが幸せに穏やかに過ごせますように」と祈った。

 連れ合いに、
「願いが壮大すぎる、もっと具体的なことをお願いしたほうがいいんじゃないか」と言われてしまった。

  だけど、みんな、みんな、平和な穏やかな日々がすごせたらいいなぁって思ったんだ。

なのに、なのに、なんでこんなに悲しいことが立て続けに起こるんだろう。

 今日の午前中、「新ニャンズと私の気まぐれ日記」のみ~さんからメッセージが入った。

それは、今日の午前1時半過ぎにマルちゃんが虹の橋へ旅立ったとの訃報だった。
  土曜日から体調を崩し、病院へも連れて行ったけれど、
   あっという間の急変だったらしい。
    日曜日一日様子をみて、み~さんも覚悟したらしいが、あまりに突然すぎる。

 先週の日曜には、ベックちゃん。
  そのショックからまだ抜け出せないうちに、マルちゃんの訃報。

   世の中は無常だ。。。

 唯一の救いは、本当に安らかに逝ったという一言。

 享年18歳。

   コロンが今17歳。
  同じシニア猫として、ベックちゃんやマルちゃんのように元気でいてほしいと
  目標にしていた猫ちゃんたち。
   あまりに悲しい。。。

  マルちゃん、虹の橋でも姐御としてみんなのことちゃんと見守ってね。

    マルちゃんの冥福を心から祈ります。。。
[PR]
by mycolon | 2015-08-03 21:18 | ねこ | Comments(6)

のらっ子ミィにゃ

このところあわただしくて、いただいたコメントのお返事が全くできません。
  みなさんの温かいコメントに励まされて何とか続いているブログですが、
     しばらくの間、お返事をお休みさせていただきます。
        誠に申し訳ありません。。。。040.gif



  束の間の夏休み、いろいろハプニングもありました。
    でも、そのお出かけについてはまた後日改めて記事にするということで、
       今日はその後のこと…。

  木曜、金曜と泊まりがけで出かけ帰ってきた翌土曜日は、
                  朝からお洗濯にお掃除、お片づけ。
 午後からは、10日ほど前からグフグフと鼻を鳴らしているジュニアを連れて動物病院へ。
   どうやらエアコンで鼻風邪をひいたようだ。
            目もちょっと結膜炎になっていた。
    薬を飲ませるとペッと吐きだしてしまうジュニア。
      力も強く、飲ませるのはほとんど不可能に近いので、抗生剤の注射を打ってもらった。
   眼薬も出してもらったが、あまりにあわただしいので、これまで1回しか差してない。。。orz
 まぁ、それでもいびきをかくような音はおさまっている。眼薬も何とか頑張るしかない。

  そんなこんなで、あのノラちゃんを引き取ったのは日曜日。(とはいえ、まだうちの子になるとは限らない)
    何とかケージを寝室に置いて、ジュニコロとは隔離した。

   だけど、ミィの時のように何かを察して気になるらしい。。。。
f0135859_2151356.jpg

    気になるジュニアの後ろ姿。
       その脇でやっぱり気になるコロン。
f0135859_21522073.jpg

     よっぽど気になるらしく、コロンは寝る前に見たらこんなことになっていた。
f0135859_21531232.jpg


      そんなことはどこ吹く風の野良にゃん。
f0135859_21541040.jpg
f0135859_21555673.jpg

    ケージの中でのんびりお昼寝してました。

   しばらく様子を見て、ケージの扉を開けたら目を覚ました。
       この角度からだと、かわいい?のだが、
f0135859_21572754.jpg

     こっちから見ると、顎がゆがんでいるのがお分かりいただけるだろうか。。。
f0135859_21581058.jpg


        しばらく寝室に一人にしておいたら、いつの間にか連れ合いのベッドの上で伸びていた。
f0135859_21592433.jpg

   こうしてみても、痩せっぽっちだ。
f0135859_2203197.jpg

   右下の犬歯がない。顎も一部欠けている。

   今まで苦労したんだろうな。。。。
      ずっと一人ぽっちで頑張って生きて来たんだ。えらいよな。。。。。

  とりあえず名前をつけようということで、連れ合いと話し合った結果、「ミィにゃ」になった。
       ミィの兄貴分という意味と、マイコロン「ミニ」と合体し、呼びやすいようにと「ミィにゃ」。

   食欲旺盛だが、確かに寝てばかりいる。



       なんて思っていたら、夜中の2時半にいきなり鳴き喚きだした。
     ケージから出しても鳴きやまず、おなかがすいたのかとカリカリを少し与えたが鳴きやまない。
            ようやく落ち着いてくれたのは、明け方4時半。。。。。。

       おかげで寝不足だ。
            野良の習性だろうが、これから少しは人間の生活に合わせて欲しいぞ。
       隔離部屋にしたのが寝室ということもあって、これはちょっとまずいことになってしまった。。。。。
            今日一日眠くて困ったのだが、今日はおとなしくしていてくれるだろうか、心配だ。
[PR]
by mycolon | 2009-08-10 22:11 | ねこ | Comments(5)

ノラちゃん・・・

 おとといの夜、つまり、8月3日であるが、あのお母さんが引き取るのは難しそうだと分かった時点で、
早急にあの子の血液検査をする必要があった。

 うちで預かるにはまず病気の有無を確認しなくてはならないからだ。
ジュニアとコロンに何かあってからでは遅い。
私は仕事もありなかなか身動きが取れないので、あのお母さんに昨日のうちに血液検査に連れて行ってくれるよう依頼してあった。
いろいろもめているようなので、費用はうち持ちで構わないから、とにかくお願いしますと言っておいたのだ。
仕事が終わる頃には、結果が出ているはずであった。

 仕事中、最悪のパターンに備えていろんなことを考えていた。
                    胃が痛くなったのはそのせいなのだ。

   もし、猫エイズ、白血病ともに陽性だったらうちで引き取るのは無理。
 今は、猫エイズ、白血病のワクチンがあるが、ジュニコロには接種していない。
 引き取るにしても、ジュニコロにワクチンを接種し、なおかつ、別々の部屋に隔離しておかなくてはならない。

   ミィを保護したときはまだ書斎に余裕があったので、そこにケージを設置したが
  今現在はそこの場所はすでに本棚があり、とてもじゃないがケージを置くことはできない。

しばらくは獣医さんに預かってもらうにしても、限度がある。
里親さんを探すにも、一番不利なパターンとなりそうだ。

    そんなことを考えてあれこれシェルターや保護団体のことを調べてみた。
                 そして、ついに一条の希望の光を見出した。
   最悪の場合、どうしても飼うことができず困っているならば、一度相談してみてくださいと書いてあるHPに出くわしたのだ。
  そのHPを読み、少し胃の痛みが和らいだ。

  あのお母さんにも読んでもらうべく、プリントアウトしておいた。

   そして仕事を終えて、自宅のある駅を降りたところで、お母さんに連絡をとった。
 血液検査の結果がどうだったのかめちゃくちゃ気になる。。。。。

  しかし、検査には行っていないという。
     費用のことが気になって、もう一度確認を取りたかったそうだ。
 仕方がないので、今から獣医さんに行くのは大丈夫か確認をとると、大丈夫という答え。
 じゃぁ、マンションの入り口で待ってますということで、家には帰らずそのまま獣医さんへ行くことにした。

   かなり待つことになってしまった。しかし、小さなお子さんのいるお母さんは大変だ。
 みんなうちにいるように言ったら、一緒に行きたいと言い張るので、
       いい子にしていると宣誓をさせて3人とも連れて来たそうだ。
            やっぱり猫のことが気になるのだろう。
                   そのうえ、猫も一緒じゃ余計に大変。
       猫は私が引き受けて、先を急ぐ。なんたって時間がないのだ。

   途中、お母さんが自転車に乗って追いついた。
     その日の猫の様子を聞くと、ちゃんとトイレも使ってくれてご飯も食べたという。
   トイレをちゃんと使うってことは、飼い猫だったのではとおっしゃったが、
   猫には砂を使ってトイレをする習性があるので、ノラちゃんでもちゃんとできるはずですよと答えたらびっくりしていた。
  さらには、トイレの砂をほりほりするにしても、砂が飛んでもちゃんとふちにあたって飛び散らないようになってるんですねぇと感心している。
   それはただ単に、砂を勢いよくかかないだけで、元気がないからかも知れない。
   実は、このニャンコの使っているトイレは、里子に出したミィが使っていたものをお貸ししたのだ。
  レボリューションをしたばかりということもあり、あまり動き回らないようにとケージもお貸しした。
    ただ、大きいのでどうかとは思っていたが、大丈夫とおっしゃったのでお貸ししたが、
   やはり、実物を見てその大きさにびっくりしたそうだ。。。。
        そして、その二段ケージの上の段には行かず、常に下の段で寝ていたという。

   獣医さんへ到着すると、血液検査をしてもらっている間に、例のプリントアウトしたものを渡し
        時間のあるときに相談してみてくださいとお願いした。

  肝心の血液検査の結果であるが、猫エイズ、白血病ともに陰性。
                 年齢からくる腎機能が多少気になるという結果。

     まずは、一安心だ。
   ホッとするとともに、胃の痛みが和らいだ。

 獣医さんに、できれば今のご家族にそのまま飼ってもらえれば一番いいんですがといわれたが、
 お母さんと子どもたち、4人でお父さんにお願いしたが駄目だと言われたそうだ。
  だが、「弱っているなら1週間を限度においてやる」という譲歩を引き出せた。
     一晩だけというところから、1週間になっただけでも御の字だ。

 あの子がウィルスを持っていないことが判明し、私も覚悟を決めた。
   ただ、6日から夏休みを取って海に行く予定になっている。
     お母さんには申し訳ないのだが、帰ってくるまであの子を預かってくれるよう再度お願いした。

   ここまで腹をくくると、もうあとは突き進むしかない。
      ジュニコロとの相性を見ながら、里親さんを探すか、うちの子にするかを見極めよう。

   もうすでに、胃の痛みもなくなっていた。。。。


最後にフォトなしでは愛想がないので、キッチンマットの上でpuma(逆?)しているコロンを…。
f0135859_23542553.jpg
f0135859_23552535.jpg

    ここにいられると、非常に邪魔なのだが、本猫はお構いなし。
       先日、ついにちょっと踏んづけてしまった。。。。
           それでも、まだここで寝てるというのは、どういうことだ。。。。
f0135859_23565188.jpg
f0135859_235731.jpg


     6・7日と海へ行ってきます。ジュニコロもお留守番です。
           束の間の休日となりそう。。。。。
      明日は朝5時起きなので、そろそろ寝ないとやばいなぁ。。。。。。
[PR]
by mycolon | 2009-08-06 00:01 | ねこ | Comments(4)

胃が痛い…

昨日は晩ご飯を食べたのが、夜11時過ぎ。
  今日はまだご飯を食べていない。

それにしても、今日一日胃が痛かった。。。。
   今年の健康診断でも胃炎を指摘されたふにゃ。
     それでも、ここまで胃が痛くなることはめったにない。

なぜ、ここまで胃が痛くなったのか…。

       その理由は・・・・・


            「猫、拾っちゃった!!!」のだ・・・・。


   拾っちゃったのは、ミィと同じ所にいたから。
      ミィを拾った時の状況は、こちらでご覧ください。
  ご存じの方もいらっしゃるだろうが、うちのマンションのあたりはとても猫が一人で棲息できるようなところではない。
 奇しくも同じ所、同じ時刻。
   仕事を終えて買い物をして帰ってきたら、マンションの正面入口のあたりの歩道のガードレールの下でうずくまっていた。
              こんなところにいたら死んじゃう。

   どうしようかと思案していると、猫のほうから伸びをしてすり寄って来た。
 そこへ、小さな子供を3人連れたお母さんが自転車でやってきて、
    「こんなところに猫なんて珍しいですよね」
                       と、声をかけて来た。

動物が好きだという家族、子どもたちも「うちに連れて帰ろうよ」とか言い出すくらいだ。
   もしだったら飼ってもいいという雰囲気だ。

それならばまずは獣医さんへ連れて行かなくてはならない。
   時間を見ると7時40分。
      近所の獣医さんの診察時間は夜8時まで。
 あわてて電話で連絡を入れて、お母さんに猫を見ていてもらい、うちにキャリーを取りに走った。
    買って来たものをとりあえず冷蔵庫に放り込み、動きづらいロングスカートをジーンズに履き替え
         ジュニコロのご飯も忘れて、キャリーを取り出してまたも走る。
           ハンカチもびしょぬれになるくらい汗が出た。。。。

獣医さんで診てもらうと、おそらくは野良。
   交通事故か何かで下あごと上あごがかみ合っていない。
          どうやら下あごの一部が無くなっているもよう。。。。
  最初に見た感じはまだ6ヶ月くらい?とか思っていたのだが、
      これがなんと、歯石を見ると結構なお歳らしい。。。。。



  体重は3.6kg。未去勢の男の子。

  ノミのふんが見つかったので、レボリューションを滴下。
     左側の腰のあたりにしこりがあって、これが皮膚病によるものなのか
        ケガによるかさぶたなのかはよくわからないということだった。
 耳もそうとう汚れていたが、幸いなことに耳ダニはいなかった。
    耳の先端がちょっとはげかけているのは、掻いたから?
       これももしかしたらノミがいることによるものかもしれなかった。

   ということで抗生剤の注射を一本。

その間、一番小さな2歳の女の子も含め、子どもたちの目は猫にくぎ付け。
   このご家族に引き取られることになるかもしれないことを考慮して、
     このあと血液検査その他は後日改めてということになった。


しかし・・・・、その後そのご家族と別れてから、電話があった。
                お父さんが断固反対しているという。。。。。

  子供3人もいてただでさえ大変なのに、これ以上猫の面倒などみていられないというのだ。
  その日はもう連れて来ちゃったのだから仕方ないけど、一晩だけと言い張っている。
  もともと野良だったなら、家に連れてくるほうがストレスになるだろうし、
             明日には放すなりなんなりしろということらしい。

   これには、いろいろ言いたかったが、そこはぐっと我慢。それぞれの家庭の事情というものもあるだろう。
  あの猫をリリースするというのは、「捨てる」ということ。
       それは、つまり、その猫の「死」を意味するのだ。。。。。

そんなことがあった昨日、うちに帰ってとりあえずお風呂に入ってご飯を食べたのはもう夜12時を回っていた。
食べたごはんの味なんてまるでわからない状態。。。。

今日一日、その猫をどうするか、どうしたらいいのか、頭の中はそれだけでいっぱいになり
    仕事も手につかず、胃がきりきり、きりきりの状態が続いたのだ。
     
      iPhoneで撮ったので、ちょっと見づらい。ごめんなさい。
f0135859_2316141.jpg
f0135859_23163348.jpg
f0135859_23164574.jpg
f0135859_23165690.jpg

    こんな可愛い子を見殺しにはできない。
        絶対に野良には戻さない。
           保護したからには、最後まで責任を持たなくては・・・・・。

*今日は疲れ切ってしまったので、ここまでにしておきます。
      また後日この続きを書きたいと思います。。。。
[PR]
by mycolon | 2009-08-04 23:21 | ねこ | Comments(8)

猫ストーカー

ちょっと独り言…・
    iPhoneをアップデートしてから、PCとの同期がうまくできない。
    iPhoneで撮った写真もPCに取り込むのに苦労する。
    あれこれ試行錯誤してるけど、全然問題が解決できなぁ~い!
       エラーメッセージが立て続けに出てくるのは、もう何とかしてほしいぞぉ~022.gif
   ということで、いらぬ時間を取られているふにゃである。。。。イライラ…・。
      お返事が遅れているのもこのせいでして、誠に申し訳なく、ごめんなさい。。。。040.gif



    いきなり本題。
       「私は猫ストーカー」クリックすると、HPに飛びます。  
       浅生ハルミンさんのエッセイが映画化された。
          7月4日土曜日が初日。
       初回と2回目の上映には監督と主演の星野真里さんが舞台挨拶をされるということだったが、
             ふにゃと連れ合いが行ったのは最終回。

   だけど、監督だけ特別に残っていただいての、挨拶があった。ラッキ~♪

     監督は「キビちゃん」という猫を飼っているという。
       三毛に虎を混ぜたような猫ちゃんと言っていたが、さび猫か?

    映画の中で、「チビトム」という猫が出てくるが、この猫を呼ぶ台詞が、どうしても「キビ」に聞こえてしかなかったらしい。
      やっぱり、自分ちの猫は可愛いもんなぁ.。o○

    谷中、根津、千駄木の野良ちゃんたちを追いかける毎日、冬の寒い中での撮影だったそうだ。
          公開されたのが、梅雨のじめじめして蒸し暑いとき。
      映像の中でせめてあの頃のひんやりした空気を感じて下さいとは、監督の弁。

   感想としては、猫好きならばこれでもかぁ~と出てくる猫ちゃんたちににんまり。
      猫に興味のない人にはつまらないかもしれない。
           淡々としてるんだよねぇ。。。。


ということで、You tubeにあった予告編。

    館内に写真が飾ってあった。
       iPhoneで撮ったものを、何とか載せようと四苦八苦。
           見づらいかもしれないけど、せっかくなので載せませう。
f0135859_21493030.jpg
f0135859_21495255.jpg
f0135859_21501072.jpg
f0135859_21502490.jpg
f0135859_21503964.jpg
f0135859_21505137.jpg
f0135859_2151891.jpg


    最後にうちのジュニコロを載せなきゃやっぱりしょうがないよねぇ。。。。
f0135859_21532957.jpg

        ソファーの背もたれの上のコロン。なでて欲しいときとかよく乗るんだよね。

   そして、タワーの中段でのジュニア。
f0135859_21544077.jpg

     実は、これ同じ時に撮ったフォト。
        後ろに小さくジュニアが見えるでしょ。
f0135859_21554595.jpg

[PR]
by mycolon | 2009-07-06 21:58 | ねこ | Comments(9)

11年前の9月25日

 もう11年が経ってしまった。
   過ぎてしまえばあっという間で、月日の経つのはなんと早いことだろう。

      しかし、決して忘れることの出来ない日。

                 昨年も書いたが、この日はマイコロンの命日。

  在りし日のマイコロン。ふにゃと枕を一緒にして寝る子だった。
f0135859_11582849.jpg


  仕事の帰りに花とおすしを買ってきた。
    この日の夜はおすしといつの間にか決まってしまった。

 マイが亡くなったとき、連れ合いがおすしを取ってマイコロンに供えたのが始まりだった。

   花とろうそく、水、猫缶などを供えていたら、邪魔が入ってしまった。
f0135859_1234125.jpg
何をしているのかと興味津々のジュニア。

  ついにはこんな暴挙に出た。
f0135859_1242931.jpg


 コラっと一喝すると、テレビの上へと避難したジュニア。
              幸いお花は無事。とんだいたずらっ子だ。

続き・・・・Zさんとの対面
[PR]
by mycolon | 2008-09-27 12:43 | ねこ | Comments(14)

猫のヒラキ

今日は葉月朔日。
  暑い盛りである。しかし、昨日今日と過ごしやすい気候ではある。また明日になれば暑さが戻るという。

   花火の音が聞こえる。遠くに高く聳え立つツインタワービルの間から、わずかに花火が見える。
      花火の音に混じって聞こえるのは、盆踊りのお囃子か。 
         河川敷でも誰かが花火をやっている嬌声が聞こえる。

                    夏だなぁ。。。。。

 サッシを締め切ってしまえば何も聞こえない我が家であるが、
        エアコンなしでも戸を開けておけば涼しい風が入るので網戸にしてある。
                           明日はエアコンを入れないと厳しそうだ。

    こう暑くなってくると、あちこちで猫のヒラキが出来たと報告が入ってくる。
   しかし、我が家ではあまりヒラキは出来ない。開いたまま寝る猫はいないのだ。
     かまって欲しくておなかを見せることはよくある。
       だが、おなかを見せたまま眠ったり、固まったりすることはまずない。


   For Example ジュニア
f0135859_2234785.jpg
かまって欲しくて、床の上をゴロゴロ・・・
f0135859_2242647.jpg
隣にあるのは「板です」。
f0135859_2245173.jpg
おなかを見せて、そのまんまとはならない。

  コロンもなぜか足にスリスリしてゴロゴロ転げ回るが、おなかを出したまま眠ったりはしない。
今日のコロンのお好みのスペースはというと・・・
f0135859_22132355.jpg
和室のタンスの上に置いたふにゃの帽子の上。
f0135859_2214485.jpg
帽子がつぶれてしまっているが、可愛いから許す。
f0135859_22153366.jpg



   やっぱり二人でいると、おなかを見せて眠るというのはあまりに無防備すぎるのだろうか。
 今は亡きマイコロンは、夏と限らず結構おなかを見せたまま眠っていたものなのだが・・・・。

その証拠に・・・
f0135859_22182941.jpg
f0135859_22185075.jpg
まるで、踊ってるみたいだな。。。。。これでも熟睡してるのだ。。。。安心しきっているのがよくわかる。
[PR]
by mycolon | 2008-08-01 22:27 | ねこ | Comments(18)

祝!猫の日

     今日は2月22日、「猫の日」。
         平日ということもあって、取り立てて変わったこともなく一日が終わろうとしている。


    猫の日企画、プレゼントの締切日でもありますが、一応確認させていただきます。
 

       「A」・・・ちえさん、じぃさん、み~さん。
       「B」・・・ちゃちゃさん、ぴろりんさん、あんさん。
       「C」・・・レイママさん、もこりんさん、ライラママさん。          
                           以上で間違いはないでしょうか?

                                      ご応募、ありがとうございました。

  まだ、応募したいという方、残り時間約2時間です。今なら、まだ間に合う?


      抽選は明日23日の予定です。

          でもね・・・・、結果発表はいつになるか・・・・。

             なぁ~んて、明日できればうpしますが、できなかったらごめんなさい。翌日になります。


 今日はテレビでも猫の日特集をやるというので、仕事を終えて速攻で帰ってきたのだが、
                    途中からしか見れなかった。。。。後はワンちゃんばっかり・・・・。

  気を取り直して、ケーブルテレビの特集を見たんだけどね・・・・。


                アメリカのショーキャットの特集でした。
                       見ていて、確かにすごいなぁとは思うけど・・・・・
      なんだか、ジュニコロとはまるで違う生き物に見えてしまう。
         きれいだなぁとは思うけど、やっぱりうちの子が一番かわいいのだ、文句あるか!(。-`ω´-)ぅぃ

 今日はフォト無しで済まそうかとも思ったのですが、あまりに変な記事なので撮りたて、今のコロンでしゅ。
f0135859_22193813.jpg
脇にある書類の山は無視してちょうだいませ~、お恥ずかしい・・・・。
f0135859_22195314.jpg
やっぱりね、ふにゃが立っていたらよじ登られましたよ・・・orz

   背中に回られておんぶお化け・・・・。

 なんとかよしよしして、はんてんごと降ろしたのに、
                 PCをみていたらまた邪魔しにきたのでスリングの中に強制的に入れました。
 
    結果、寝ています・・・・・。

                      やっぱり、重たくて、死にそうになっているふにゃでした・・・・。
[PR]
by mycolon | 2008-02-22 22:22 | ねこ | Comments(8)

復活の朝 ~マイコロンの思い出 その8~

*これは今から12年以上も前の話である。記憶違いのこともある。
         今とは猫を取り巻く環境も違う。ふにゃの猫に関する知識もまったく無い頃のことである。そのことをお含みおきお読み下さい。



     仕事を早退して帰宅した金曜日、重苦しい時が流れる。
   早く帰ってきたところで、「マイケル」に何をしてやれるわけでもない。
                                     ただ見守るしかなかった。


                元気になって・・・。死なないで・・・・。

 そんな祈りにも似た呟きしか出てこなかった。

                       「マイケル」は身じろぎもせず、ただ横たわっている。


     暗い夜のとばりがあけるころ、「マイケル」がごそごそと動き始めた。 
  眠っていた連れ合いに
   「見て!見て!マイケルが起き上がった!」
                                と声をかけて起こす。

 体をぶるっと震わせて立ち上がった「マイケル」。どうやら峠は越えた。
 ふにゃと連れ合いが見守る中、「マイケル」はそのまま歩き始めて、水を飲む。

   「やったぁ!」

  思わず手をとり歓喜の声が口から飛び出す。

 この後、わずかではあるが食事を口にした「マイケル」。死神を振り払い生還したのだ。

  このときの喜びは忘れられない。

 当時結婚して間もないふにゃと連れ合いはいつもけんかばかりしていた。今にして思えば、「マイケル」が生還したのは、ギクシャクと歯車がかみ合わない二人の間を取り持つよう、神様から使命を与えられてきたとしか思えない。「マイケル」はいってみれば、神様からつかわされた猫なのである。

              在りし日のマイコロンの後姿。しっぽがほとんど無い。
f0135859_1433268.jpg

[PR]
by mycolon | 2007-12-18 21:00 | ねこ | Comments(8)

不安の金曜日~マイコロンの思い出、その7~

*これは今から12年以上も前の話である。記憶違いのこともある。
         今とは猫を取り巻く環境も違う。ふにゃの猫に関する知識もまったく無い頃のことである。そのことをお含みおきお読み下さい。


 「今夜がヤマですね」と言われた”マイケル”を抱きかかえて重い足取りで帰宅した夜。
とにかく保温をするようにといわれ、ぐったりとしたままの”マイケル”にバスタオルをかけるが、本猫は暑いのかすぐにはねのけてしまう。それじゃぁとふにゃのエプロンを布団代わりに掛けると落ち着いた。こんなんで保温になるのかは不安だが、ないよりましだろう。

 翌6月9日金曜日。
連れ合いが休みをとってうちにいてくれることになった。
        その頃のふにゃは今の会社ではなく、違う会社に勤めていた。
                心配と不安とで後ろ髪をひかれる思いで仕事へ行く。

 仕事をしていても、気になって気になって仕方がない。”マイケル”のことが頭から離れないのだ。
昼休みに電話をすると、まったく変わりがない。ぐったりしたまま、まったく動かないという。
       だけど、まだ生きている。しっかりと生きている。。。。。
  
 午後の仕事も集中できず、たまらず「気分が悪いので」といって早退してしまった。

   マイコロンの写真もちょっといじってみた。なかなかカッコいいと一人で悦にいっている猫バカである(笑)。
f0135859_9421934.jpg

[PR]
by mycolon | 2007-12-06 06:52 | ねこ | Comments(10)



ねこ、ネコ、猫、ネコに振り回される毎日。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
以前の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
リンクリンク♪
ファン
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
記事ランキング
ライフログ
画像一覧
カテゴリ