ミィ!ミィ!ミィ!

カテゴリ:ミーニャ( 34 )

ミーニャ、絶好調!?

去勢手術から約1週間、完全復活したミーニャ。
おなかの虫もいなくなり、元気そのもの。

うちに来てから1か月、最初の頃は放浪していた疲れなどから、大人しかっただけかもしれない。
部屋の中を自由にさせるようになって慣れてきたこともあり、飛び跳ねている。
まさにエネルギーが有り余っているかのようだ。
遊びたくて仕方ないらしく、ジュニコロを誘うが…・。

   コロンはまだミーニャとは打ち解けてはいない。
     なんだかやたらと騒々しいのがいるとでも思っているようだ。

ミーニャの行動を見ていると、まるで仔猫のようだ。
     横っ走りに、万歳をしながら飛びかかっていったり、矢のようにすっ飛んでいる。
 これが本当に高齢の猫とは思えない。
毛割れを起こしているジュニコロとは違い、毛並みもツヤツヤ。

ちょっと疲れたら、堂々とジュニコロのベッドで一休み。
f0135859_21402548.jpg

  たまたまちゃんが小さくなったでしょ。

なんだかえらそうなミーニャ。
f0135859_214124.jpg
f0135859_21411710.jpg

   ニャンコキッカーも大好き。

一方のジュニコロ。
f0135859_21421591.jpg
f0135859_21422593.jpg

ミーニャに対して共同戦線を張ったようだ。


♡お願い♡
子猫を保護しては、いつも幸せへの道を見つけ出してくださっている「ねこのきもち.ep4」のみけあきさん。
そのブログで、飼い主さんが行方不明になって、
行き場のなくなった21匹の猫ちゃんたちのことを取り上げていらっしゃいます。
できる範囲で構わないません。みなさまの温かいお力添えをお願いいたします。
       【札幌】飼い主行方不明で取り残された21匹の猫達

[PR]
by mycolon | 2009-09-14 21:43 | ミーニャ | Comments(10)

頑張ったね、ミーニャ・・・

今日の午後1時、携帯に動物病院から電話があった。
ミーニャの歯を調べたら、左下の犬歯の隣の奥歯が欠けて根元が腐っているという。
さらに下前歯、切歯(せっし)というらしいがこれもグラグラ。
なので抜いたとのこと。
そして去勢手術は無事に終了したという。
まずは一安心。

そういえば、朝、病院へ連れて行った際に、例のゴマ粒大の物体について聞き忘れたと連れ合いからの電話がそれ以前にあった。
ついでにそのことを聞いてみると、病院でもあのゴマ粒大が出てきて、さらにはうにょうにょさんも出たらしい。
なんと、ミーニャはおなかに虫さんを隠して飼っていたのだ。

そしてその正体は・・・・・。

         さすが、み~さん、大正解!
瓜実条虫だ。
ものの本で読んだことはあるが、みな、白いゴマ粒大と書いてある。
まさか、あの赤茶色いものが干からびた条虫の片節だとは思いもよらなかった。
あのナメクジの超小さいものが干からびると、あんな形になるとはびっくりだ。
ノミはリボリューションですでに駆除している。
しかし、瓜実条虫は、リボリューションでは駆除できないらしい。
だけど、なんだって今頃あんなにいっぱい出てくるのか不思議だ。

そんなことを考えながら、仕事帰りにミーニャを迎えに行く。

ミーニャは麻酔から覚めたのはいいのだが、覚め方が遅いというか回復が遅れていた。
2度ほど吐いたという。
そのため、吐き気止めの注射をしたそうだ。
おしっこも2回くらいしていたので、補液を点滴で入れたという。
うちではため男のミーニャ。
やはり、これも麻酔の影響か。

獣医さんが言うには、麻酔の覚め方を見ていると、ミーニャは思った以上に高齢かもしれないという。
7-8歳くらい?
最初はばさばさだった毛並みも、うちに来てからはつやつやになったこともあって
10歳まではいかないだろうが高齢だということには間違いないらしい。
ということは・・・・、ミーニャはやっぱり野良ではなく捨てられたのか迷子になったかのどちらかだ。

それはともかく、血液検査の結果を見ると最初に検査したときよりも腎臓関係の数値がよくなっている。
これは朗報というべきだろう。

瓜実条虫がここ一週間で出てきたことに関しては、季節的なことらしい。
おなかにいても1年くらい出てこないときがあるらしい。
まぁ、薬で駆除できるということで、滴下剤を処方してもらった。
ただし、麻酔の影響が抜けて元気になってからじゃなければ、つけられない。

歯を抜いたということで、痛みがあるのだろう。
しきりに口のあたりを気にしている。
いつもうるさいくらいに鳴いているのに、かすかにミィ~~~~と一言だけ鳴いたミーニャ。
胸が痛む。。。。

今日一日は様子を見るようにと獣医さんに言われた。
明日は病院はお休みだが、夜に病院にいるので電話で様子を知らせるようにとのこと。
ご飯も水も、ミーニャが欲しがればあげてもいいが、そうではなかったらあげないでという。

家に帰ってきてからのミーニャ。
f0135859_2215713.jpg

    キャリーから出したら、足取りがフラフラ。
  暖かくしてあげてくださいと言われていたので、窓を閉めて、ベッドの上に連れて行った。
f0135859_22162722.jpg
f0135859_22163923.jpg

    上から見るとまだまだ細っこいミーニャ。
      よく頑張ったね。偉かったね。

  先ほどからちょこちょこ様子を見ているが、いつものように鳴き叫ぶこともなく
                                     ただひたすら眠っている。

     お疲れだったね、ミーニャ。
  大変だったかもしれないけど、うちの子になるためにはどうしても我慢してもらわなきゃいけなかったんだ。
                               ごめんね、ミーニャ。。。。。
f0135859_2220097.jpg

            今、様子を見たら、丸まって寝ていた。。。。
                  ゆっくり休んで、明日には元気になってね、ミーニャ。。。。
[PR]
by mycolon | 2009-09-08 22:38 | ミーニャ | Comments(8)

ミーニャ、うちの子作戦続行中

ミーニャのこれからだが、里子に出すにしても難しそうだ。
以前のミィのことを考えても、情が移りすぎて手離しがたい。
ここはやっぱりうちの子になってもらうしかない。
それにはまだまだ問題が山積みだ。

一番にはジュニコロとの関係。
これが良くならなければ、どうにもならない。
昨夜も寝室のドアを開けると鳴きながら出てきたミーニャ。
ジュニコロはというと…。
f0135859_21124861.jpg

    ジュニアはのんびり箱入りになっていた。

コロンはというと、ミーニャが寝室から出てくるのを待ち構えていたのだが、なぜか寝ている。。。。

    微妙な位置関係。。。
f0135859_2115787.jpg


箱の中のジュニアをのぞきこむミーニャ。
  いきなりジュニアの猫パンチが飛んだ。




   なんだか張りつめた空気…。

それでもミーニャはめかぶ箱に入ったり
f0135859_21192626.jpg
f0135859_21194386.jpg

 ジュニアが入っていた箱から出ると、そこに入ってみたりとマイペース。
f0135859_21205219.jpg


   でも、最後はジュニアの高速連続パンチが飛んでしまった。
f0135859_21213785.jpg

          ぶれぶれなのは、早すぎてと言い訳…(汗)。

 明日はミーニャのたま取り手術だ。歯石も一緒に取ってもらう。
これでまた一歩うちの子への道を踏み出したことになる。


    ところで、ミーニャが寝ているベッドの上に、ゴマ粒大の赤茶色いものがよく落ちている。
      これは何かの虫?卵?それともほかの何かなのだろうか。
   昨夜はこのほかに2-3mmのナメクジの小さいのみたいなものが一つ落ちていた。
なんだろうと、コロコロさんで取ってみると動いてるよ・・・・・。
          ギャ━━━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!
  保護したときにレボリューションをつけたが、念のためと9月の3日にもレボリューションをつけた。
     完全に駆虫できてないのかな????

そしてコロンは土曜日の朝、以前ほどではないが、トイレに入ったり出たり…・。
     またも病院送りとなり、投薬を再開。
        おチッコ検査もしたいのだが、なかなかうまく採取できない。
          おチッコの時間は早朝と、ふにゃがまだ帰ってこない夕方。
              なかなか、難しいものがある。。。。。
                 獣医さんでもおチッコがたまっていなくて絞れなかったし…・。


いつになったら、獣医さん通いが終わるのかな?
[PR]
by mycolon | 2009-09-07 21:34 | ミーニャ | Comments(5)

ミーニャの冒険

今日の映像にはふにゃ家のごちゃごちゃや、床に落ちているゴミなどが写ってたりしますが、
どうか見なかったことにして、違うところに注目してご覧ください。。。。
040.gif


平日は帰りが遅くてジュニコロとミーニャを全く合わせないまま過ぎてしまった。
ミーニャの鳴き声は本当に大きくてドア越しでもよく聞こえる。
最初はその鳴き声に反応して「シャー」と威嚇していたジュニアもなれたのかまるで威嚇をしなくなった。
コロンもいつもどおりでミーニャの鳴き声が聞こえるのが当たり前になったようだ。
もしかしてフェリウェイの効果もあるのかもしれない。

そして今日土曜日の午前中、寝室のドアを開けてみた。

  ドアの外で待ち構えるのはジュニア。
f0135859_18352247.jpg



鳴きっぱなしのミーニャの声の合間にジュニアの威嚇の声。


 ジュニアという関所を越えてあちこち探検するミーニャ。
f0135859_18402840.jpg

 めかぶ箱はチェックを念入りに・・・。

トイレもちゃんとチェック、チェック…。
f0135859_18415416.jpg
ミーニャの立派なたまたまちゃんが見える。

リビングへと入るミーニャ。
f0135859_18444588.jpg

あとを追うジュニア。
f0135859_18451210.jpg

テレビの前にいたコロンもいっちょ前にハァー。
f0135859_1846189.jpg
そんなことは全くお構いなしのミーニャ。
コロンはまったく無視されっぱなし…。
しばらく使っていないにゃんともトイレも気になるようだ。

その間コロンはミーニャから目を離さない。
f0135859_1849332.jpg

ミーニャが近づいてくると、コロンはさっさと逃げていく。
そんなコロンをよそ目に、ミーニャはコロンがよくいるベッドもチェック。
f0135859_1850514.jpg

ついにはそこにあったニャンコキッカーにじゃれついた。
f0135859_18515378.jpg


最後はジュニアの威嚇と猫パンチを受けてしまったミーニャを寝室へと強制送還。
時間にして15分くらい?
ジュニアとコロンの性格の違いがよくわかる。
それにしてもミーニャの肝の据わった大物ぶりには驚かされた。
よわっちいながらも、お外で生き抜いた知恵みたいなものなんだろうなぁ。。。。
[PR]
by mycolon | 2009-08-29 19:01 | ミーニャ | Comments(6)



ねこ、ネコ、猫、ネコに振り回される毎日。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
以前の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
リンクリンク♪
ファン
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
記事ランキング
ライフログ
画像一覧
カテゴリ