ミィ!ミィ!ミィ!

カテゴリ:未分類( 6 )

初月忌

今日はミーニャが虹の橋へ行ってから初めての月命日。
月命日を月忌といい、初めての月忌で初月忌というらしい。


ミーニャがいなくなってちょうど一か月。
この一か月という期間、早いというか遅いというか時間に関する感覚がちょっとおかしい。
仕事やその他雑事に関する時間を考えると、もう一か月が過ぎたのかとなるのだが、
ミーニャのことを考えると、まだ一か月なのかという思いがするのだ。
ミーニャだけでなく、ジュニコロミーニャと暮らしていたのがまるで夢のように現実味が全くなくなり
遠い過去のことのように感じてしまう。


写真は2010年2月22日。
f0135859_22082827.jpg




















我が家から猫がいなくなったのは、約20年ぶり。
初代マイコロンが亡くなったのが1997年9月25日。
8か月ほどの空白があって、ジュニコロがやってきたのが翌年の5月末。
猫のいない生活は考えられなかった。


ミーニャがいなくなって、家の中が汚れなくなった。
掃除が楽だ。
猫のトイレも掃除をする必要がない。
朝晩のご飯も用意する必要がない。
猫にかまける時間がなくなって、時間的にもわずかだが余裕ができた。


だけど、だけど・・・・やっぱり猫のいない我が家はさみしい。。。。
そんなことより、ジュニコロミーニャが恋しい。
猫がいないということが、深く胸に突き刺さる。

f0135859_22131198.jpg



















先日、世界ねこ歩きが放映された。
コロンもミーニャも一緒に見ていたあの番組だ。
もしかしたら、今回もどこかで一緒に見ているんじゃないかと、写真を撮ってみた。

f0135859_22160068.jpg




















f0135859_22200102.jpg


















写っていたら心霊写真。写っていないが当然だろうな。。。
我ながらバカをやっていると思う。

下の写真は昨年の11月19日。
f0135859_22281038.jpg
































こんな光景ももう見ることができない。















[PR]
by mycolon | 2017-08-21 22:32 | Comments(2)

一喜一憂

7月10日、今日帰宅してドアを開けたら、いつもと異なり静まり返った家の中。
ミーニャに声をかけても、返事がない。
お風呂場をのぞくと、すみっこで伸びているミーニャを発見。
おなかが動くので、声を出そうとしているのはわかるのだが、口が動くだけで声が出ていない。
そんなに元気がなくなったのかと不安になる。

しばらく放っておいて片づけをして、シャワーを浴びるためにミーニャをお風呂場から移動させる。
出したとたんに、けっこうな声で鳴きだす。
シャワーを浴びていた時間は10分ほど。その間、ずっと鳴いている。
あんなに鳴かれたらゆっくりお風呂なんかには入れない。
だけど、あんな声が出るということは、まだ元気があるということだ。

ここ最近、床が濡れていようと気にしないで横になってしまうミーニャ。
今日は鳴きながらお風呂場の中をウロウロ。
濡れているからか出てきて洗面台に飛び乗って、シンクを点検。
お水を飲みたそうにしていたので、試しに水を出してみた。

飲んだ!

最初はシンクに水をためたのだが、なんだかいやそうだったので水を抜いて
ちょろちょろと水を細目に出したら、コロンが水を飲むときと同じような感じで飲んだのだ。
f0135859_22373322.jpg




















うれしくて動画まで撮ってしまった。

周りに変なものが写りこんでますが、見なかったことに…。

お水が飲めただけでも大きな進歩。
飛び上がるほどにうれしかった。
あとはご飯を自分で食べられるようになってくれれば、万々歳。

しかし、先は長そうだ。
土曜日の病院での診察では、ちゅ~るさんを出してくれたが顔をそむけてしまった。
うちでも強制給餌をする前に、食べられるか確認するため指にご飯をちょっと取って
口元へもっていくのだが、まったくだめ。
先生も一度食べなくなるとしばらくは無理だろうといっていた。
強制給餌を始めたことで以前より体重の減少がおさまったようだが、
それでも痩せていくことには変わりがない。
相当の量を食べさせなきゃいけないことになる。
1日一缶がようやくできているくらいで、これ以上はさすがに厳しい。
少しずつしか食べさせられないので時間もかかるし、ミーニャが暴れだしたり
ある程度の量になると吐き出したりするのだ。

何が原因なのかは元気になって麻酔ができるようになって、MIRやCTなどの検査をしなくてはわからないそうだ。
今のところはとりあえず強制給餌を続けて、気長に自分から食べてくれるのを待つしかない。

利尿剤は1日2回から1回に減らしてみましょうとのことで、土曜の夜はあげなかった。
日曜日はふにゃも休みで様子をみれるからなのだが、
朝、少し様子がおかしかったので酸素室へ入れた。
出せ~と鳴きっぱなしで、10分ほどして様子をみると、中に入れたアイスノンの上にどっかり乗っかっていた。
やっぱり暑いのか?

あまりにうるさいのでそれからすぐに出したけど、呼吸は落ち着いていた。
日曜の夜も薬を抜いたが、今朝はさほどでもなくいつも通り。

帰ってきたときに元気がなかったのは、もしかしてとも思ったが、どうやら大丈夫そう。

ささいなことでも一喜一憂する。
何でもない日常がいかに幸せなことかと身に染みる。
はやくよくなれ~~~~。


[PR]
by mycolon | 2017-07-10 22:45 | Comments(0)

ありがとうございました。

19日に書いたものが消えてしまいました。
 写真がどうしてもUpできず、あれこれ試行錯誤をしていたら、パっ!
  気を取り直して書き直すのに、時間がかかってしまいました。
 3月20日のコロン19歳の誕生日も過ぎてしまい、ちょっと落ち込んでいます。



コロンの初七日も過ぎました。(生きていれば19歳だった誕生日も過ぎました・・・)
お花をたくさんいただきました。ありがとうございます。

f0135859_19132423.jpg

ミーニャが写真のように、この位置に陣取るようになりました。

コロンがなくなった7日の日。
仕事に出かけようとしたふにゃを、じっと見つめていたミーニャ。

f0135859_19190866.jpg
 そう、こんな風にちょこんと座って、廊下でふにゃを見送っていたのです。
まるで、「いっちゃダメ」というように…。
どうしても抜けられない仕事があったふにゃ、後ろ髪を引かれる思いでした。
休めるなら休みたかった。
あんなになったコロンと、ミーニャを置いていくのは本当に心苦しくつらかった。
帰宅すると、いつもお迎えに来るミーにゃが出てこない。
出てこないどころか、ふにゃの姿を見て逃げ出す始末。
罪悪感。。。。
ミーニャはミーニャなりに何かを感じ取っていたのでしょうね。
冷たくなってしまったコロンと二人きりで半日過ごしたのですから…。

翌八日、コロンを荼毘に付しました。

f0135859_19322154.jpg
まるで眠っているかのようなコロン。
これが、現世でのコロンの最後の姿です。

おひげを一本ちょうだいねとコロンに断って、記念に残しました。
紙に包んでふにゃの財布の中に入っています。
連れ合いは、以前拾ったコロンの爪の抜け殻を財布の中に入れていました。

ずっと一緒だよと約束したから、ずっとずっと一緒です。

お花のほかにもいただいたものがあります。
f0135859_19282613.jpg
まるで虹の橋のかけらでできているかのようなハスの花。
f0135859_22014779.jpg















キラキラと輝いて、コロンの魂を虹の橋へと導いてくれているかのようです。
ありがとうございました。


[PR]
by mycolon | 2017-03-22 22:07 | Comments(0)

抜け毛の季節

五月の連休明けぐらいから、コロンとミーニャは換毛期に入ったようだ。
 とにかく抜ける、抜ける…。

 ブラッシングをしてもきりがないので適当に切り上げてしまうのだが、
  そのあとでなでても、ごっそりと毛が抜ける。。。
 
 おかげであちこちにタンブルウィードが転がっている。
  掃除が追い付かないよ。。。


さて、コロンのお薬の時間、保定するのは連れ合いの仕事。
 それが終わってふと見ると、連れ合いのワイシャツにびっしりとコロンの毛がついていた。

 思わず、「ジュニコロ毛だ!」とふにゃ。
  すかさず連れ合い
   「ジュニコロ毛じゃなくて、コロン毛でしょ。ジュニアはもういないんだから。」

そうなんだなぁ、ジュニコロと呼んでいたのがいまだに抜けない。
 コロンとミーニャだけになって、コロミニャになったけど、あまり定着はしていない。

f0135859_2051349.jpg

 「ぼくのことは?」

ミーニャは、最近あまり食欲がないみたい。
 それでもコロンよりは食べるけど。。。(当たり前か。)

 ミーニャはコロンより若いから、毛もいっぱい抜ける。
  だけど、ブラッシングで取れた毛は淡いミルクティーみたいな色でかわいい。

  ジュニコロの抜け毛は、ねずみ色だもん。
f0135859_20574395.jpg

  「悪かったな…。フン」
[PR]
by mycolon | 2016-06-03 15:54 | Comments(4)

違和感

ちょっと前回の記事に違和感を感じた。
それは、「飼い主が納得できる死」という部分。
納得なんかできない。
なんで、どうしてという思いがどうしても残るからだ。

もっとできることがあったのでは?
もっと違う方法があったのかもしれない。
ああすればよかった、こうすればよかったと後悔することがあるからだ。

だけど、結果はもう出ている。
否が応でも納得するしかないのだ。
受け容れるいかない。

だから、少しでも自分が納得できるよう理屈をこねくり回しているような…。

とかく世の中は思うようにはいかないものだ。
理想と現実は違う。

悩んで悩んで泣くだけ泣いてようやくその現実を受け容れる。

それには時間が必要だ。

理想論だけではいかない現実がある。

まだまだ、理想には程遠いな…。
f0135859_23542888.jpg


冬のヒマワリ。
自分の中で当たり前だと思っていたことを疑うことも必要かもしれない。


[PR]
by mycolon | 2015-11-13 23:33 | Comments(6)

よく降るねぇ

8月の半ば過ぎから一気に気温が下がり、太陽もあまり顔を出さなくなってしまった。
あの猛暑はなんだったのだろうか。
秋の長雨というが、台風の影響もあり秋雨前線が活発になったというか、消えてくれない。
そもそもが秋になるのが早すぎる気がする。
残暑なんて言葉が忘れられたみたいだ。
あまりに雨ばかりで、身体中カビが生えそう。
今日は、仕事中にあちこちで一斉にスマホの警戒音が鳴り出し、何事かとびっくり。
なんと避難準備指示。
避難するたってどこに避難するんだ?
そんなに雨が酷いとか?

うちの会社では、何事もなかったかのようにいつもどおり。
お向かいの会社さんは、早々と電気が消えていた。
電車は特に遅延もなく動いていたけど、リスク管理が行き届いてるのかな。


定時を過ぎ雨が小降りになった隙に帰ってきたけど、
相変わらず雨は強くなったり、小降りになったり。

しかし、よく降るねぇ。


こんな雨でも、うちにいるコロンとミーニャは我関せず。
全くのいつも通り。
f0135859_22163102.jpg



お外の子たちは、どうしてるんだろう。
[PR]
by mycolon | 2015-09-09 21:36 | Comments(4)



ねこ、ネコ、猫、ネコに振り回される毎日。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
以前の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
リンクリンク♪
ファン
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
記事ランキング
ライフログ
画像一覧
カテゴリ