ミィ!ミィ!ミィ!

秋の猫

 今日は9月25日、今から20年前、マイコロンは逝った。
猫エイズと白血病のダブルキャリアで、最終的には白血病、リンパ腫で亡くなった。
亡くなる一週間前から、貧血がひどくなり輸血でどうにか持っている状態だった。
獣医さんからは安楽死を勧められていた。
その宣告を受けたときは、もう、どうしていいのか頭がぐしゃぐしゃ。
連れ合いは、あともう一回だけ輸血してもらって
それでだめだったらあきらめるからといっていた。

日中誰もいない部屋で一人っきりにするのが心配だったが、
獣医さんが預かってもいいですよと、親切にいってくださり、
その言葉に甘えていた。

そして、9月25日、仕事帰りにマイコロンを病院へ迎えに行き
連れ合いの言葉を獣医さんに伝え、結論を引き延ばしたのだ。
帰り道、キャリーの中で態勢を変えようとしたのか、マイコロンが暴れだした。
そして、叫び声。。。
立ち止まってキャリーの中を覗き込んだが、暗くて様子はよくわからない。
ただ、マイコロンが逝ってしまった予感はしていた。
家に帰りついてキャリーを開けても、マイコロンは動かない。
やはり、あのときこと切れていたのだった。

あの日のことは20年経ってもいまだに鮮明に覚えている。

猫は人間の四倍のスピードで歳をとるという。
してみると、20年という年月は猫にとって80年?
しかし、あの世とこの世と同じ時間が流れているとは限らない。
時間という概念もないのかもしれない。
何年か前の命日に、「もう生まれ変わるから」というマイコロンの声を聞いたような気がした。
それからは大げさにすることもなく、ただ静かにマイコロンの思い出に浸る日となった。

今年は、コロンに続いてミーニャも虹の橋へ行ってしまい、
いつもの祭壇?している場所は大賑わい。
コロンとミーニャはタワーの上段へ移動してもらい、
ジュニアとマイコロンを和室から移した。
キャットタワーの使い道は、今の我が家ではそれくらいしかない。

f0135859_20464751.jpg


















f0135859_20480260.jpg

















すっかりシンプル質素になってしまったが
いつか、きちんとこの場所を整えてあげたい。

猫がいなくなって、いつも同じような写真ばかりになっている。
それじゃぁちょっとつまらないので、久々に猫本を上げておこう。
季節も秋。ということで、こちら。
f0135859_20511520.jpg

















   




もう10年以上前に読んだ本。
猫だけでなく犬の出てくる話も入っている。
犬や猫を介して人間の心、特に女性の気持ちを描いた短編集。
共感できることが多かったが、ちょっと今の女性の気持ちとはずれているかもしれない。
何が何でも結婚したいとか玉の輿を狙うなんて、ないもんなぁ。
旦那に経済的にぶら下がって生きていくより、自分で稼いで自立するって女性が増えてる気もするし。。。。
まぁ、これはふにゃの勝手な思いではあるけれど。


[PR]
# by mycolon | 2017-09-25 21:07 | 猫本 | Comments(0)

9月は忙しい

梅雨のような八月が終わった。
いきなり暑くなったと思ったら、また梅雨のような変な天気が続いている。

以前どこかに書いたことがあるが、9月は何かと忙しい。
今年はいつもに増して行事?が目白押し。

まず、七日はコロンの月命日、そして、ミーニャの四十九日。
九日はふにゃと連れ合いの結婚記念日。何年になるんだろう???
もう、ずいぶんと経つので数えてみないとわからないくらいになっている。
13日はジュニアの命日。四年目だ。
25日は初代猫のマイコロンの命日。20年か…。

なんだかジュニコロミーニャがそろっていた頃が懐かしい。
今にして思うと、いろいろあったけど、幸せな時間が流れていた。
やっぱり、いやなことは忘れちゃうんだな。

ジュニコロだけだったころは二人でよくくっついていたっけ。

   こんなこともあったよね。
f0135859_11155358.jpg


















ミーニャがうちに来て、まだジュニアと打ち解けなかった頃、
ダンボール箱でジュニアとミーニャが一緒に遊んだことがあった。









あれもこれもすべてが懐かしい。。。



[PR]
# by mycolon | 2017-09-05 11:18 | ジュニコロミーニャ | Comments(2)

新盆

前回の記事から時系列をさかのぼるが、今年のお盆はコロンにとっての新盆。
ミーニャはまだ四十九日が来ていないので、忌中となる。

f0135859_14105513.jpg

















まるで誘っているかのようなコロン。www

何だかずっと変な天候が続いてまるで梅雨のような日が続いた夏休み。
8月15日は毎年恒例花火の日。
お友達を招いて一緒に見物するつもりだったのだが、
とんでもない豪雨。
午前中に買い物に出たときは、まだ傘がいらないくらいだったのに、
お店から出たら、バケツなんてもんじゃなく50メートルプールをひっくり返したような雨。
傘を持っていたものの、傘なんて役に立たないくらいの土砂降り。
ずぶぬれになって家にたどりついたけど、買ったものまでびしょびしょになっていた。
そんなすごい雨が小降りになったと思ったら、しばらくしてまた降り出すという荒天ぶり。

こんな日においでいただいた友人たちにはほんと申し訳ない。。。
コロンとミーニャの追悼もかねてと思っていたんだけど、花火は中止。
ただただねこ好きの飲み会になってしまった。

コロンの新盆、ミーニャの忌中、あまり浮かれるなという警告か?
涙雨くらいだったらかわいいけど、あの雨はシャレにならない。
せっかくきれいにした窓も元の木阿弥…。

19日土曜日も違うところで花火大会が予定されていた。
だが、夕方からまっくろな雲が湧いてきて、横殴りの雨。そして稲光。
こりゃ、花火も中止だろうなと思っていた。
案の定、そちらの花火大会は中止。あちこちで話題になっていた。
ところが、夜7時を回ったら、違う会場から花火が上がっていた。
ちょっとだけど動画を撮った。



さすがに10分で中止になった模様。

今週から暑さが戻って今日は35度という猛暑日。
この変な天候はコロンミーニャのせいじゃないか。
虹の橋からコロンとミーニャが抗議をしていそうだ。
f0135859_14481702.jpg

















「違うもん!ぼくのせいじゃないもん!」草葉の陰からミーニャの抗議?


[PR]
# by mycolon | 2017-08-23 14:50 | ジュニコロミーニャ | Comments(0)

初月忌

今日はミーニャが虹の橋へ行ってから初めての月命日。
月命日を月忌といい、初めての月忌で初月忌というらしい。


ミーニャがいなくなってちょうど一か月。
この一か月という期間、早いというか遅いというか時間に関する感覚がちょっとおかしい。
仕事やその他雑事に関する時間を考えると、もう一か月が過ぎたのかとなるのだが、
ミーニャのことを考えると、まだ一か月なのかという思いがするのだ。
ミーニャだけでなく、ジュニコロミーニャと暮らしていたのがまるで夢のように現実味が全くなくなり
遠い過去のことのように感じてしまう。


写真は2010年2月22日。
f0135859_22082827.jpg




















我が家から猫がいなくなったのは、約20年ぶり。
初代マイコロンが亡くなったのが1997年9月25日。
8か月ほどの空白があって、ジュニコロがやってきたのが翌年の5月末。
猫のいない生活は考えられなかった。


ミーニャがいなくなって、家の中が汚れなくなった。
掃除が楽だ。
猫のトイレも掃除をする必要がない。
朝晩のご飯も用意する必要がない。
猫にかまける時間がなくなって、時間的にもわずかだが余裕ができた。


だけど、だけど・・・・やっぱり猫のいない我が家はさみしい。。。。
そんなことより、ジュニコロミーニャが恋しい。
猫がいないということが、深く胸に突き刺さる。

f0135859_22131198.jpg



















先日、世界ねこ歩きが放映された。
コロンもミーニャも一緒に見ていたあの番組だ。
もしかしたら、今回もどこかで一緒に見ているんじゃないかと、写真を撮ってみた。

f0135859_22160068.jpg




















f0135859_22200102.jpg


















写っていたら心霊写真。写っていないが当然だろうな。。。
我ながらバカをやっていると思う。

下の写真は昨年の11月19日。
f0135859_22281038.jpg
































こんな光景ももう見ることができない。















[PR]
# by mycolon | 2017-08-21 22:32 | Comments(2)

8月3日

今日は8月3日。ちょうど8年前のこの日、ミーニャに出会ったのだ。
ガリガリだったミーニャ。あまりに小さくてまだ子猫かと思えるほどだった。

うちに来たばかりのころのミーニャ。これでも最初に比べれば、ふっくらしたのだ。
いかにガリガリだったかがわかる。
f0135859_21025769.jpg


















いろいろ問題が次から次へと起きはしたが、ジュニコロにも家の中にもなじみすっかりうちの子になったのだった。
まだまだ一緒にいられると思っていたのに、こんなに早く逝ってしまうなんて誰が想像できたであろう。
ジュニコロが逝って、ミーニャひとりの天下がこれから始まったばかりなのに、
あまりにあっけななさすぎる。

本当のことを書けば、ミーニャはお外の子だったので、何があってもおかしくはないとは思っていた。
だから、仕方のないことだと自分を納得させていた部分がある。
だけど、まだまだ一緒にいられると思っていた。いてほしかった。

f0135859_21132391.jpg

















初七日も過ぎ、明日はミーニャが旅立ってちょうど2週間。ふたなぬか。
いまだにミーニャがいなくなったことが夢のような感じで、現実感がない。
信じられない気もする。
探せばどこかに隠れているんじゃないかと思ってしまうのだ。

猫のいない家の中はやけに静かだ。
主を失ったベッドやおもちゃだけが、むなしく転がっている。

これから先、新たな出会いがあるかどうかはまったくわからない。
ジュニコロミーニャがもしかしたら新しい子を導いてくるかもしれない。
なるようにしかならないし、こればっかりはご縁があるかどうかだ。



[PR]
# by mycolon | 2017-08-03 21:30 | ミーニャ | Comments(2)



ねこ、ネコ、猫、ネコに振り回される毎日。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
以前の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
リンクリンク♪
ファン
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
記事ランキング
ライフログ
画像一覧
カテゴリ