ミィ!ミィ!ミィ!

ありがとうございました。

19日に書いたものが消えてしまいました。
 写真がどうしてもUpできず、あれこれ試行錯誤をしていたら、パっ!
  気を取り直して書き直すのに、時間がかかってしまいました。
 3月20日のコロン19歳の誕生日も過ぎてしまい、ちょっと落ち込んでいます。



コロンの初七日も過ぎました。(生きていれば19歳だった誕生日も過ぎました・・・)
お花をたくさんいただきました。ありがとうございます。

f0135859_19132423.jpg

ミーニャが写真のように、この位置に陣取るようになりました。

コロンがなくなった7日の日。
仕事に出かけようとしたふにゃを、じっと見つめていたミーニャ。

f0135859_19190866.jpg
 そう、こんな風にちょこんと座って、廊下でふにゃを見送っていたのです。
まるで、「いっちゃダメ」というように…。
どうしても抜けられない仕事があったふにゃ、後ろ髪を引かれる思いでした。
休めるなら休みたかった。
あんなになったコロンと、ミーニャを置いていくのは本当に心苦しくつらかった。
帰宅すると、いつもお迎えに来るミーにゃが出てこない。
出てこないどころか、ふにゃの姿を見て逃げ出す始末。
罪悪感。。。。
ミーニャはミーニャなりに何かを感じ取っていたのでしょうね。
冷たくなってしまったコロンと二人きりで半日過ごしたのですから…。

翌八日、コロンを荼毘に付しました。

f0135859_19322154.jpg
まるで眠っているかのようなコロン。
これが、現世でのコロンの最後の姿です。

おひげを一本ちょうだいねとコロンに断って、記念に残しました。
紙に包んでふにゃの財布の中に入っています。
連れ合いは、以前拾ったコロンの爪の抜け殻を財布の中に入れていました。

ずっと一緒だよと約束したから、ずっとずっと一緒です。

お花のほかにもいただいたものがあります。
f0135859_19282613.jpg
まるで虹の橋のかけらでできているかのようなハスの花。
f0135859_22014779.jpg















キラキラと輝いて、コロンの魂を虹の橋へと導いてくれているかのようです。
ありがとうございました。


[PR]
# by mycolon | 2017-03-22 22:07 | Comments(0)

大好きと幸せをいっぱいありがとう

f0135859_21244423.jpg
        コロン、九歳くらいの写真です。



コロン、享年19歳?
コロンの生まれた日はおそらく1998年3月20日。
(おそらくというのは、ジュニコロの生まれたうちの方があまり正確には覚えていなかったからなのだ)
亡くなったのが2017年3月7日。(これは確実にいえる)
コロンがこの世で生きたのは、6,927日、18年11か月15日。
もうちょっとで誕生日を迎えられたのに…。

本当に突然でした。
3月5日日曜日午前10時半ごろ、突然発作を起こしてばたりと倒れたコロン。
あわててかけつけて、なでながら様子をみた。
2-3分でふらふらしながらも立ち上がったコロン。
ほっと胸をなでおろしたが、心配で仕方がなかった。
もしかしたら、平日、ふにゃと連れ合いがいないときにも発作を起こしていたかもしれない。
そう思うと、気が気ではなかった。

月曜日に獣医さんに電話で相談した。
微妙なところだけれど、様子をみてみましょうとのことだった。
土曜日にコロンの薬を取りに行ったばかりだったのだが、
1か月以上発作を起こしていなかったので、油断があったのかもしれない。
倒れた時のコロンは、まったく動かず、そのまま息を引き取っちゃうんじゃないかと思うくらいだったのだ。

獣医さんにそういわれて、そのまま薬を変えることもなく、いつも通りの日々が来ると思っていた。

3月7日の朝もいつも通りのコロンだった。
お水を飲んで、ご飯もちょっとだけだけど食べた。
最初に出したいつものご飯をぺろぺろとなめて、ほかにないの?みたいな顔をしてふにゃを見る。
しようがないなぁと、エナジーちゅ~るを出してあげたのを、3分の1くらい食べたのだ。
薬も飲ませてしばらくたった頃、ふにゃも連れ合いも出かける準備をしていた。
ふと見ると、コロンがいつも寝ているクッションのそばで倒れていた。
あわててかけよって声をかけるが、反応がない。
ピクリとも動かない。
そうこうするうちにコロンが暴れだした。
これは大変と、重積発作が起きたときの座薬を用意しようとしたが、
気が動転してしまって、なかなか封を切れず手間取ってしまった。
座薬を入れたのが、7時10分、それでも落ち着かず
バスタオルにくるんで抱き上げた。

決して穏やかとはいえない最期、それでもふにゃの膝の上で抱かれ、
連れ合いにも見守られ、コロンは逝った。

あまりに突然であっけない。

いつもの光景がいきなり絶たれてしまったのだ。

どうしても仕事を休めなかったふにゃと連れ合い。
コロンには本当に申し訳なかったが、
コロンの体を拭きブラッシング、そしてソファの上に寝かせて
保冷剤を置いて、仕事に出た。

しかし、その日1日、仕事なんか手につかない。
コロンのことばかりが気にかかる。
ミーニャも異変を感じ取っていたようで、様子が変だった。

翌8日にコロンとの最後の時間を過ごすために有休をとった。
お花を買って帰り、コロンに供える。
いろんな思いがよぎるが、コロンにはただただ「ありがとう」の言葉しかない。

ジュニアの分も頑張って生きてくれた。
人間だったら百歳近い。
最後の日々をいつもと変わらず生きてくれた。
看病するとか介護とは無縁の生活だった。
ただ毎朝の投薬だけだ。

幸せと大好きをいっぱい、いっぱいくれたコロン。
現世での勤めを立派にこなして神様の元へ胸を張って帰れるね。

ありがとう、コロン。
コロンと過ごした日々は、幸せでいっぱいだったよ。
笑顔がいっぱいだったよ。
もう、頑張らなくていいから、ゆっくり休んでね、コロン。。。。


[PR]
# by mycolon | 2017-03-09 22:21 | ジュニコロミーニャ | Comments(7)

コロン

今朝、7時15分、虹の橋へ行きました。
ジュニアとマイコロンが、橋のたもとで
コロンを迎えてくれるでしょう。

今までたくさんの幸せをありがとう。
愛してるよ、コロン、ずっとずっと、一緒だよ、コロン。
f0135859_08414326.jpg


[PR]
# by mycolon | 2017-03-07 08:03 | コロン | Comments(3)

大好きだよ

ちょっと話題が古いかもしれない。

「ねこパンチ」の’17チョコ号に掲載された「猫からのことづけ」。
ここで使われている表現がとっても素敵で、印象に残るものだった。

それは、体の中に「大好き」がいっぱいになっているときという言葉。
猫は人間と違って、感情を素直に行動で表現してくれる。
人間ならば、「好きという気持ちが抑えきれず」とか、
「大好きという気持ちがあふれ出して」とかいうのかもしれない。
素直に気持ちを行動に移すのではなく、いったん抑えるのが人間。
そうではなくて、「大好き」ということが体中にいっぱいになると
ねこは大好きな人にくっついたり、頭をぐりぐりしたりするというのだ。

うちのミーニャはそういう意味では感情表現がとても豊かな猫だ。
f0135859_21463007.jpg

ふにゃのあとを追いかけて、ミャァミャア鳴きながら、しっぽを立てて高速プルプル。
これが最高の愛情表現だと最初は気づかず、スプレーの前兆かと思ったほどだ。
初代マイコロンはしっぽがほとんどなかったけど、高速でプルプルさせたのは
一緒に散歩をしていて、犬が通りがかったときにシャァーといいながらのことだった。
あれは何だったのかな。いまだにわからない。

ジュニコロにいたっては、高速プルプルはスプレーの前触れでしかなかった。
もっともコロンは一回しかスプレーをしたことがなく、もっぱらジュニアのしぐさだったけど。

なので、ミーニャが高速プルプルをしはじめたときは
すわ、スプレーかとあわててしっぽを止めようとしたことさえある。馬鹿だ(笑)

しばらくしてそれが最高級の愛情の表れだと知ったときは、
ミーニャに申し訳なく、かつ、ミーニャがこの上なく愛しくなったものだ。

そのほかにも、ジュニコロがしなかった「おでこゴッツン」。
ご挨拶なんだろうけど、ミーニャの力が強くて痛い。
後ろからやられると、足ガックン。

まぁ、数え上げればきりがないくらいいろんなことをしてくれるミーニャなのだ。

一方、コロンはやたらすりすりしてくる。
これがコロンなりの愛情表現なんだろうな。
だっこしてほしいときはふにゃの足をトントンしている・・・つもりなんだろうけど、
歳をとって爪がしまいにくくなっていることもあって
そのままぐっさと爪がかかる。当然、流血騒ぎとなる。。。
だっこしていても、ふにゃの手にすりすり、こねこね、顔をこすりつける。
これはおそらく匂いつけ?

f0135859_22060445.jpg
コロンもミーニャも体の中に「大好きがいっぱい」になると
自然とそういう行動になっちゃうんだろうな。

そう考えると、ますます猫がいとおしくなってくる。
ねこは、やっぱり、かわいい!



[PR]
# by mycolon | 2017-02-13 22:09 | コロンミーニャ | Comments(4)

コロンはやっぱり王子だな

いつの間にやら1月も終わりそう…。年末年始の挨拶も華麗にスル~~~~。
  まことに申し訳なし・・・・。



f0135859_21523416.jpg
先ほど撮ったコロンの写真。ずいぶんと痩せちゃった。
 ご飯をねだってお皿の前で待っているのだが、最近、わがまま?がひどくなってきた。
 いつも喜んで食べていたものを突然食べなくなり、ぷいっとしてしまう。
 何を食べてくれるのかあれこれと出してみるのだが、お気に召さないと、砂かけをして立ち去っていく。


 残ったものは、当然ミーニャのおなかの中…。

3月には19歳になるコロン、もうすっかりおじいちゃんだが、
ふにゃにとっては永遠の王子。


1月22日に久々にてんかん発作を起こしてしまったコロン。
これから一か月の間にまた発作が起きるようなら、薬を増やすか変えるかする予定。




f0135859_22025136.jpg
久々ミーニャのしょぼん顔。







[PR]
# by mycolon | 2017-01-30 22:04 | コロンミーニャ | Comments(0)



ねこ、ネコ、猫、ネコに振り回される毎日。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
以前の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
リンクリンク♪
ファン
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
記事ランキング
ライフログ
画像一覧
カテゴリ