さこん、その7

前回の更新からちょっと間が空いてしまった。申し訳ない。。。
10月10日、仕事中になんだかだるくなり、熱が出てしまった。
ボーとした状態で何とかこの日は、終業まで乗り切ったが、フラフラ。
何もする気がせず家にたどり着いてそのままバタンキュウ。
体温を測ったら、38.8度。
その後、37.7度まで下がったと思ったら、またも38.7度。
まるでジェットコースター。それが、昨日まで続いていた。
(医者に行ったが、インフルエンザではないそうな)

その間、さこんのことは最低限のお世話だけで終わってしまった。
それでも、ふにゃの手から直接モンプチさんを食べてくれたりと進展はあった。

ところが、今、困った状態にある。

昨日の夕方、ふらふらしながらも晩ご飯の準備をしていた時のこと。
リビングで一人遊びをしていたさこんが、突然、ダダダダとあわてて
キッチンに走りこんできた。
f0135859_16433758.jpg

















いつもなら、ここでストップ。これは、13日の朝に撮ったもの。

それが、一気にふにゃのそばまで来て小さくなっている。
どうしたのかと思いリビングを確認すると、
トイレわきに置いてある爪とぎに足を滑らせたか
空気清浄機のコードに足をとられたかしたようだった。

みゃあみゃあ鳴き続けて、よほど怖かったようだ。
テーブルの下へ逃げずにふにゃのそばに来たということは、少しは頼られているのか。
なでなでして落ち着かせようとしても、まったく落ち着いてくれない。
ちょっとした物音でもビックとしてしまう。
間の悪いことに圧力なべが蒸気を出し始めて、余計怖くなってしまった様子。

この後へっぴり腰でそろそろと和室へ移動して、窓へと避難。
f0135859_16523798.jpg





























ご飯も食べずトイレもいかず、この後ずっとおこもり状態。

13日の金曜日、やっぱり何があるかわからない。

14日、今日の朝、さこんの居場所を確認するとテレビの裏。
夜中におやつを少し出しておいたのは、全部食べていた。
カリカリは少し残したまま。トイレは使った気配がない。

何が心配だって、トイレを昨日の夕方から使っていないということ。
獣医さんに電話で相談したら、
「結石や膀胱炎でしたくても出ないわけでもないので、大丈夫でしょう。
トイレが怖くなってしまったのなら、したくなったらほかの場所で漏らすだけです」
といわれてしまった。

トイレの場所を変えるべきか?
ほかに移す場所はないんだけど。。。

午後のになってテレビの裏からそろそろと出て、移動したのはタンスの上。
f0135859_17051421.jpg

















ここからさらに隣のタンスの上へ。
f0135859_17062692.jpg

















いろんなものが乗っかっているのをさこんがあちこち移動させて、
落ち着いた先がここ。
f0135859_17075579.jpg

















ミーニャがよく入り込んで、つぶしてくれた箱の中。

これを書いている今現在もこの場所にいる。

丸1日トイレしてないんだけど、膀胱は大丈夫なのかな。
それほどまでに怖かったのか。
せっかくいいところまできて、また、振出しに戻ったような気分。

今まで足を滑らすという経験がなかったのかな。

何でもいいけどこの事態、どう解決したらいいんだろう。

[PR]

by mycolon | 2017-10-14 17:13 | さこんちゃん | Comments(2)

Commented by ぶち猫ぶーちゃん at 2017-10-14 23:00 x
1枚目のさこんちゃん、かわいい(*´ω`*)

風邪引きの中、大変でしたね。
でも、さこんちゃんと仲良くなれて良かったです♪ヽ(´▽`)/

風邪、しっかり治して下さいね。
お大事に…。
私も風邪っぴきで週末引きこもり状態ですw
Commented by mycolon at 2017-10-15 14:20
ぶち猫ぶーちゃんさん
お気遣いありがとうございます。

トイレをしてくれてなかったので、
この日は本当に泣きそうになりました。
パニックになるようなものはなかったはずなのに、
私の注意不足からこんな事態になっちゃって
本当に申し訳ないです。
さこんには、もっと細心の注意を払わないといけないのかもしれません。

外へ出ていないのでよくわからないのですが、
急に寒くなったようですね。
ぶち猫ぶーちゃんさんもどうぞご自愛ください。