17年

コロンがうちの子になってもうすぐ17年。
 過ぎてしまえば、あっという間。

 ジュニコロが我が家に来た話は、ずいぶん前にこちらの「ジュニアとコロン」の記事、「おうちのこ」に書いた。
  今はもうジュニアはいない。


 まだジュニアが元気だったころは、コロンとジュニア、どちらが先に逝くかわからないけど、
そのときまで、精一杯かわいがろうと心に決めた。

 その約束は守られているのだろうか。

  ときどき不安になる。
   うちの子になって、本当に幸せだったのだろうか。幸せなのだろうか。

ジュニアがいなくなって1年8か月。
 ジュニアの写真を見ると、胸が苦しくなる。
  いまだに、「ジュニア、早く帰っておいで」と言葉が出てしまう。

 いなくなったジュニアのことだけでなく、コロンのことを考えても愛しさが募る。
   すっかり食が細くなり、鶏もものようにおいしそうだった後ろ足が鶏がらだ。

 いつどうなってもおかしくない状況になってきた。

ジュニアが亡くなる前、明け方にミャオミャオと雄たけびをあげていたが、
 最近、コロンも同じようなことをするようなった。
  甘えっこだったのにも、拍車がかかった。

だっこするたび、コロンに「ずっと一緒だよ」と言い続けている。
ある意味、ジュニアとも一緒なのだ。

 いまだに「ジュニコロ」というコンビ名?が幅を利かせているし。


実は、昨日、連れ合いから子猫の里親にならないかと話があった。
 コロンのことを考えると、無理。

 ミーニャの時のことを考えてもストレスが大きすぎる。
  あの頃より寝ていることが多くなったコロン。
   起きているときは、まだ動けるとはいえ、ジャンプ力も持久力も衰えた。
   ミーニャに遊ぼうと誘われても、「フゥー!」と答えることが多い。

今は、そんなコロンが静かに穏やかに余生を送れるよう気を遣ってあげたい。
 更にもし、子猫がやってきたとしても、ふにゃに余裕がない。
  遊び盛りの子猫に構う時間も体力もないのだ。
   そんなところにやってきたとしても、子猫には不幸だろう。
 話があった子猫には、もっとかわいがってもらえる家族が見つかることを祈るのみだ。

f0135859_221927.jpg
f0135859_2213350.jpg


  コロンとミーニャ、すっかりコロンのほうが小さくなってしまった。
[PR]

by mycolon | 2015-05-26 22:02 | ジュニコロ | Comments(10)

Commented by エレナ at 2015-05-27 06:26 x
コロンちゃんお加減はいかがですか~我が家の奈々さんも最近は寝てることが多くなりました、高い場所も登るのも大変なようです。お年頃のにゃんこですからね、辛いですけどお互い暖かく見守っていきましょう。
Commented by kimagureme at 2015-05-27 07:09
分かりすぎて切なくなりますρ(・・、)
なんか我が家と似てて胸が締め付けられちゃいます
ビールは明け方トイレに入ろうとして倒れてそのままだったから夜中や明け方にマルがトイレにいくとドキドキします
少し前息子2号がマルを抱きながら
長生きしてほしいけど辛かったら我慢しなくていいよ
なんて言ったことがあって、それ聞いたら泣けてきちゃってねぇ...

そうそう!仔猫の里親の話も我が家にもあったんだよ!
マルにとっても私にとっても負担が大きいからお断りしたんだけどね
はぁ~(´Д`)≡3

幸せだったか否か...
私は凄く幸せだけど(*´ω`*)
Commented by mokkedon at 2015-05-27 09:41
コロンちゃんも、ミーニャちゃんも、
それにジュニアちゃんだってもっちろん幸せだって感じているに決まってる!
ふにゃさんちに来て幸せを感じているはずよ。
お顔見ればわかるもの(*^ω^*)
今より前も、今も、そしてこれから先もね。
声をかえけてもらい撫でてもらい、そうされることって
当たり前のようかもしれないけど当たり前じゃないから。
ふにゃさんにそうされて、幸せなほっこりしたお顔しているふにゃさんちのみんニャは幸せ者よ(*´v`*)

コロンちゃんの食欲のこと。
ふにゃさんの色んな想いを考えると、とっても苦しい。
まだまだ苦しいこと、自分もあるからなんか分かって苦しい(´;ェ;`)
コロンちゃん、少しでもモリッと食べて美味しそうな太ももになれますように....!
Commented by JENNY at 2015-05-27 11:35 x
僕も同じような気持ちになり、すごく切なくなりました。
僕もジェニーの写真を見ていると、また会いたいと切に思います。
ふにゃさんは、コロン君がジュニア君を彷彿させるからなおさら感じられるのだと思います。
そして、コロン君の老化は、ほぼそのままベックにも共通しています。
昔のYahoo!掲示板の頃は、体重が重い事をどうしようかと書いていたのが嘘みたいです。
ベックも寝てばかりだし、体重はMAX時の半分くらいになりました。
僕が先頃までの入院で思ったのは、入院中はベックの身に何も起こらないでほしいという事でした。

歳を取った猫と暮らしていると、そういう不安な気持ちになりますよね。
でも自分のブログにも書いたけど、性格が穏やかになって、関係性は良くなったと思います。
直接言葉は交わせないけど、話せていると思っています。
ふにゃさんもコロン君とお話しているんじゃないですか?(*´∇`)

僕も新しい家族(猫)がいたらと思った事はあります。
やはり、先住猫との年齢差を考えると難しいですよね。
そして、僕はまた再入院といつ言われるか分からないです。
今は、ベックの環境をゆっくりとさせてやる事を考えています。

写真のコロン君とミーニャ君を見ると、本当に体格の違いが分かりますね。
Commented by marinnremonn at 2015-05-29 12:31
いいの!
私がアナタと一緒にいられて幸せだったからそれでいいの!
だって私がママだもん
ペットと暮らすって自己満足以外の何ものでもないと思うの
だって限られた空間、限られた時間で過ごしてもらうわけでしょ
本来の野生生活を送らせてあげることが出来ないんだから、限られていることを精一杯することが飼い主の務めだと思うのね
それは人それぞれ、猫それぞれ
ジュニアちゃんもコロンちゃんも「ママ、心配し過ぎだよ~」って言っていると思うけどw

きちゅね得意技
開き直りでございました
だって・・・・考えると井戸の中に入り込みそうになるんだもん

Commented by mycolon at 2015-06-08 09:38
コメントありがとうございます。

エレナさん、ありがとうございます。
奈々さんも心配ですよね。
元気は元気だけど、少しずつ衰えていく様子が見ていてつらいです。
だけど、これも自然の摂理。
よく言われるQOL(生活の質?)を考えて、最後まで見守りたいと思います。
Commented by mycolon at 2015-06-08 09:44
み~さん、ありがとう。
やっぱり、お歳のねこさんがいるおうちでは
みな同じような思いをされてるんですよね。

ビール君は、本当に突然だったからショックが大きかったんでしょう。
み~さんがどれだけ落ち込まれたかと心が痛くなりました。
マルちゃんには、その分元気でいてほしいですよね。

息子さんのことば、愛情にあふれてますね。。。
そう、つらかったら我慢してほしくないです。
ずっと一緒にいたいけど、別れはいつか来るもの。

あぁ…、つらいことはあまり考えないようにしよう。
子猫ちゃん、やっぱり高齢にゃんのことを考えると無理ですよ。

確かに、人間は幸せをいっぱいもらってます。(#^.^#)
Commented by mycolon at 2015-06-08 09:50
もこりんさん、ありがと~♪

一番近くにいる人間が不安になっちゃだめだよね。。。
大好きな大好きなかけがえのない存在だもの。
しっかりしなくっちゃ。

まだまだ、つらいときがあるよね。。。
我慢しないで、ぶわぁ~~~って吐き出して。
吐き出したら、あとは、楽しかった日々のことを思い出して、
笑顔になろう。
うちでは、落ち込んだときにミーニャがいろんなことやらかして
笑わせてくれるけど、
もこちゃんちにもそんな存在のこが来るといいね。
コロンのトリモモは、ちょっと復活しそうにないなぁ.。o○
Commented by mycolon at 2015-06-08 10:02
JENNYさん、ありがとうございます。

たまに切なくなるけど、そんなことばっかりじゃないし、
コロンとミーニャを見ていると笑顔になれます。

JENNYさんも、ベックちゃんといることで笑顔になれると思います。
高齢になると食欲が落ちたり、痩せちゃったりするのは
人間も猫も同じです。
それを考えるとため息が出てしまうけど、その分確かに猫と人間の関係は深くなりますね。

今回の入院で、ものすごく心配だったことでしょう。
何があってもおかしくないと思うと、居ても立っても居られない。
だけど、自分ではどうしようもないもどかしさ。
どうか体には十分気を付けてくださいな。
ベックちゃんを守れるのはJENNYさんだけなんだもん。


コロンのお年くらいになると、もう新しい子猫とか無理でしょうね。
できれば、あまりストレスをかけたくないし、
穏やかにいつもの生活をさせてあげたいです。
JENNYさん、いざというときのためにも
いいシッターさんが見つかるといいですね。
Commented by mycolon at 2015-06-08 10:06
ちゅねちゃま、ありがと~♪

優柔不断の私は、つい、不安になるんだよねぇ。。。
限られたことの中で、本当に精一杯かわいがっているのかと
自分で考えちゃうんだ。

人間には人間の生活があるし、やらなきゃいけないこともある。
猫たちだけにかまけて生きていくわけにはいかないんだよね。
だから、もっと違うおうちにいっていたらとか、考えちゃうわけ。

開き直りも大事だよね。
というか、開き直るしかない!

ちゅねちゃまのそういう考え方、大好きだよ~♡