忘れたわけじゃない

ジュニアのことは、一日たりとも忘れたことはない。
 折にふれ、ジュニアのことを思い出す。

  それはすでに悲しみを伴うものではなく、ただただ懐かしいという思い。

 連れ合いも、ジュニアが息を引き取った動物病院の近くを、車で通ると
 思わず、「ジュニア!」と声に出して呼んでしまうという。

   まぁ、連れ合いの場合は、それと同時にマイコロンのことも思い出すそうなので、
  ふにゃとはまた違う思いがあるのだろう。

だが、今日はちょっといつもと違った。
  まるで、かさぶたがはがれたように、切ない思いになってしまった。
     1年ほど前からのブログを読み返したせいだ。

   ジュニアの痩せ細った写真を改めて見て、胸が締め付けられそうになった。
f0135859_22454895.jpg

     ジュニアがまだ若かったころの写真。


  
   ジュニア、ジュニア…
    
     いくら呼んでも、返事が聞こえるわけがない。
       それでも、呼ばずにいられない。。。。

 いつも、ふにゃのことを目で追っていたジュニア。
   だから、目が合うと必ずそばに寄ってきた。
      かわいい、かわいい愛しいジュニア。。。


生まれた時からずっと一緒にいたコロン。
 ジュニアがいなくなって、水を飲むスタイルが変わったが、
   今では、すっかりもとのように、お風呂場で飲むようになった。
f0135859_22483796.jpg


    洗面台でお水を飲むのは、ジュニアのことを偲んでいたのだろうか…。
[PR]

by mycolon | 2014-05-29 22:50 | ジュニコロミーニャ | Comments(0)