ミィ!ミィ!ミィ!

おうちのこ

ジュニコロに初めてあった日、ただ子猫を見るだけのつもりだったふにゃと連れ合い。
 ジュニコロをうちの子にすると決めたはいいが、挨拶がわりのお菓子くらいしか持っていかなかった。
  すると、キャリーバッグをお貸ししますということでジュニアに入ってもらった。

  コロンは小さいからと、本当に小さなバスケットを貸してくれた。
  小さすぎて少し窮屈そうなくらい。


  そのアパートを暇乞いしてから歩き出すと、
  コロンは「ギャァギャァ」とねじの切れた機械のような声で鳴き叫ぶ。
   あまりに悲惨な声を出すので、ジュニアのキャリーに余裕があったし、
   一緒にした方がいいのではないかと、コロンを移動。
 ぴたりと鳴き止み、ジュニアとコロン、二人仲よくくっついって大人しくしていた。

f0135859_2118318.jpg



f0135859_21184077.jpg

  帰り道で獣医さんに予約を入れて、電車を乗り継ぎ当時の我が家へと帰った。
 電車の中でもうんともすんともいわず大人しくしているジュニコロ。
   そのジュニコロに気付いた子どもたちがいた。

  「あ、かわいい。猫だ!」

 ジュニコロの入ったキャリーの前で座り込んで覗き込む子どもたち。
   ジュニコロは我関せず。
     あれだけ鳴き叫んでいたコロンも、ジュニアと一緒ならば平気なのかもしれない。













我が家にたどりついても、獣医さんの予約の時間までしばらくあった。
 ノミがすごそうだったので、とりあえずは一部屋の中だけで自由にする。

   連れ合いは、横になってずっとジュニコロの動きを追っていた。
     「やっぱり、猫がいるっていいね。」とひとこと。。。




獣医さん(ジュニアを看取ってくれた獣医さんだ。)へ連れて行く。
 病院の待合室でたまたま出会った猫ちゃんのオーナーさん。
  「かわいぃ~♪お前たち、かわいいって言うのはああいうのをいうんだぞ。」
   きれいな大人猫ちゃん二人に向かい、そう言っていた。
 大人猫になる前はみんな仔猫時代があったはずなんだけど、忘れちゃってるのかな。

 さて、診察、思った通りノミがすごい。
   だけど、あまりに小さすぎてフロントラインは使えない。
     コロンはさらに小さいので、蚤取粉も使えない。

   そこで、ジュニアに蚤取粉を使って、いつも一緒にいるコロンの分まで頑張ってもらうことになった。
    かわいそうだけど、一晩隔離。

  翌日、その部屋の床にはノミの死骸が・・・。

   つぶさないように、残骸をガムテープで取り続けること2-3日。
  どうやらノミは駆除できたようだ。

白血病や猫エイズの検査は、まだ小さかったのでできなかった。
 しかし、マイコロンはどちらも感染していたので、亡くなったあと少なくとも半年は新しい猫を入れないようにいわれていた。
  結果が分かるまではちょっとドキドキの日々が続いたのだった。
f0135859_21401412.jpg

    ジュニアは、何でも率先していろんなことをしてコロンに手本を示していた。
     とっても優しくていいお兄ちゃんだったんだよなぁ。。。
[PR]
by mycolon | 2013-09-26 21:45 | ジュニコロ | Comments(4)
Commented by JENNY at 2013-09-26 21:57 x
思い出は、何にも代え難い大事な大事な財産ですね。
しかも、絶対にお金に換算出来ないです。

本当にジュニコロという言葉がぴったりのコンビネーションだったんですね。
すごく暖かい気持ちになりました。
Commented by もこりん at 2013-09-27 10:22 x
なんて優しいお兄ちゃん(*´v`*)
コロンちゃんに「こうやるんだぞ!」ってお手本見せたり、
甲斐甲斐しい感じで見守っていたりしたんだろな♪

こうやって見ると本当に仔猫だねぇー
いや、仔猫だけど、やんちゃな仔猫、ね(*´θ`*)
こんな高いところにまで登っちゃって!
やんちゃっ子だったのね、ジュニアちゃん。
きっとこのお写真のダー様も、あまりの可愛さに鼻の下が伸びていたんじゃないかしら。。。(´艸`)
Commented by mycolon at 2013-10-01 16:21
コメントありがとうございます。返事が遅れてごめんなさい。m(__)m

JENNYさん、思い出はたくさんありすぎて、辛くなる時もあります。
でも、心の中でジュニアは永遠に生きています。
ずっと一緒。そう約束したんです。

小さい頃からいつもくっついていた二人。
歳をとってからはちょっとコロンが嫌がるようになったけど、
ジュニアはいつも優しいお兄ちゃんでした。

これから大量にある写真を整理しなくちゃいけないのですが、
けっこう時間がかかりそうです。
ジュニコロの幼いころを思い出しながら、のんびりやろうと思います。
Commented by mycolon at 2013-10-01 16:24
もこりんさん、見守ってるというよりは率先していたずらをしてたというか…。(笑)

子猫はみんなやんちゃだよね。
ひと時もじっとしていないし。。。
おもちゃで遊ぶと、コロンはそっちのけになっちゃうくらいでしたね、ジュニアは…。
身体能力がめちゃくちゃよくて、コロンが余計小さく見えました。


連れ合い、ご想像のとおりです。(*^_^*)
<< 2週間 班猫 >>



ねこ、ネコ、猫、ネコに振り回される毎日。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
以前の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
リンクリンク♪
ファン
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
記事ランキング
ライフログ
画像一覧
カテゴリ