大往生

タイトルと見て、ドキッとされたかもしれない。

だが、今回のテーマは猫ブログだが猫ではない。

安心?していただきたい。

6月2日、午後9時56分、ふにゃのオヤジさんが永眠した。
連絡がきたのは翌3日のお昼すぎ。
 その2日前に兄から連絡が来て、2-3日前からご飯も水もとらなくなってしまい、覚悟をしといてくれということだった。
亡くなった時になぜすぐに連絡がこなかったのかという疑問は今もそのままだが、
 オヤジさんを介護していた兄家族の都合や何やらあったのだろうと推察するだけにとどまった。

 ふにゃは4人兄弟の末っ子、本来ならば5人兄弟であったらしいが詳細は不明。
いずれにしても末っ子は末っ子、歳がいってからの子どもで結構甘やかされたということらしい。

親戚縁者に会うのもオフクロちゃんが亡くなって以来という感じだ。
実は、どういう血縁なのか全く分からず育ったふにゃ、従弟だと思っていたのは実は従弟の子供。
何やら込み入った家系でわけがわかないというのが本音。いまだによくわからない。
父の妹というおふた方に会うのも初めてだが、説明されるまでどういう関係の人かまるで分らなかった。

ということで、父が亡くなって悲しいことは悲しいが、このご時世、病院で亡くなる方が多い中、
自宅で眠るように天寿を全うしたということはめでたいことだと思う。
 考えてみれば、母も入院することなく自宅で生涯を終えた。
  そういう意味では、幸せな一生だったと思う。

久々に会う親戚、意外だったのはすぐ上の姉の娘、小さい頃は全く似てると言われたことがないのに、
成人式を終え、ふにゃに似てきたと言われたこと。
 本人もびっくり、似てると言われていいのか悪いのか…。
   遺伝子とは、かくもすごいものなのだろうか。

    遺伝子の不思議をあらためて感じた次第である。。。。
f0135859_0315936.jpg
久々に見たふるさとの海。

帰ってきたらやたらミーニャが甘えっ子になっていた。
 もともと甘えっ子だがそれに磨きがかかった?
f0135859_0334087.jpg


 ジュニコロはもともと甘えっ子だしなぁ。。。。
f0135859_035232.jpg
f0135859_040458.jpg

[PR]

by mycolon | 2011-06-08 00:41 | その他 | Comments(19)

Commented by catfan at 2011-06-08 05:43 x
久しぶりに来てみたら、「大往生」でとても驚きました。
お父様、自宅で家族にみとられて逝かれたとは、本当に
大往生ですね。
今頃、あちらの方でくつろいでいる事でしょう。
ふるさとの海、とてもきれいですね。
癒されました~♪
Commented by エレナ at 2011-06-08 07:23 x
私もびっくりしちゃいました。まだまだそんな落としの猫ちゃんが居ないのにって~
お父様、ご冥福をお祈りいたします。
Commented by エイミー at 2011-06-08 09:32 x
私もびっくりしましたよぉーーーーーーー!!
もう はっきりいって泣きそうでした!
よかった・・・なんて不謹慎なこと言っちゃだめだけど
歳の順の場合は 神様の決めたことですし 
ご自宅で眠るように・・・とのこと とてもしあわせな最期だったのですね。

ほんとにジュニアコロミーニャちゃんが元気でなによりですヽ(*^∇^*)ノ*:・'゚☆
Commented by marinnremonn at 2011-06-08 16:16
驚いた( ̄Θ ̄;)
ジュニコロみーにゃちゃん達に何かあったのかと・・・・・
そうでしたか
お父様、ご自宅で看取ってもらえたのですね
地元を離れてしまうと親戚って縁遠くなってしまいますね
学生時代はそんなもの興味ないし、親戚付き合いは親がしているからかかわらないし
きちゅねにもいとことかはとことかもうあったことも無い人がいますよん

お父様のご冥福をお祈りしつつ、ふにゃさんにお疲れ出ませんように
大変だったでしょ
Commented by JENNY at 2011-06-08 22:03 x
僕もびっくりしました。

まずは、お父様のご冥福を心より申し上げます。
みなさんがおっしゃられている様に、ご自宅で亡くなられた事は、幸せだったと思います。

僕もあと一人兄弟がいたらしいけど、父親は何も言わないので、聞きません。
お葬式や法事で会う親戚がよく分からない時がありますよね。
向こうは知っていて、こちらは知らない事が多々あります(笑)
Commented by もこりん at 2011-06-09 15:12 x
そうだったのね、、、お父様。
大往生かぁ・・・・眠るように、家族に見守られる中だったとは・・・
亡くなられたのはとても残念なことだけれど、でもお父様も安心できる最期だったのでは。。
ご冥福をお祈りいたします・・・
新潟に帰られてきたんだね、それこそあとで心労だったりはくるかもしれない、
ニャンズを抱っこして、ゆっくりなさってね・・・!
Commented by はなまま at 2011-06-09 16:14 x
久々に遊びに来てタイトルだけ見えて3ニャンズに何かあったのかと
がくがく震えてしまいました。

お父様のご冥福を心より申し上げます。
大変でしたね。
ふにゃさんもお疲れでしょう。
私も10年前に病気で父親を亡くした経験があります。
ふるさとの海とってもきれいです。
ふにゃさん、お帰りなさい!
3ニャンズと相方さんとゆっくりなさってくださいね。

Commented by みか@猫大好き at 2011-06-10 14:42 x
お久しぶりです。

ご愁傷様です…。
お父様のご冥福をお祈り申し上げます。

みんな、ふにゃさんがいないと寂しくって
お帰りになったらとことん甘えんぼになっちゃうのですね。

遺伝の怖さ…はもう、
自覚もある程度していたのに
自覚以上のものがあると思い知らされて
たまりません…。
Commented by zeesaku3 at 2011-06-11 14:21
まいさん、故郷に帰って来たんですね
お父さん、おいくつだったんだろう・・・・
ふた親とも 亡くなってしまった時 自分の事を 本当に心配してくれる人は
もう 居ないんだなぁ・・・
と、変なとこ 感慨深く感じました
ずっと 一緒に居なかったら 実感も 無いようだけど
ふとした時に、寂しくなったりしますね

御冥福をお祈りしています。

Commented by mycolon at 2011-06-16 16:00
コメントありがとうございます。
返事がめちゃくちゃ遅くなりました。

ごめんなさい。m(__)m
Commented by mycolon at 2011-06-16 16:04
ねこさん、うちの母も自宅でなくなりましたが、
父と違い、朝起きてみたら、ベッドの脇で倒れて亡くなっていたということです。
そういう意味で、父は母よりは幸せな死を迎えられたようです。
まさに大往生です。

まだ49日が過ぎていないので、自宅の周りをうろうろしているかもしれません。(笑)
最後は寝たきりになってしまっていたので、
あちこち歩き回ってるんじゃないかと思います。
Commented by mycolon at 2011-06-16 16:05
エレナさん、驚かしちゃったみたいでごめんなさい。
でも、ジュニコロは13歳、まだまだと思っていても
いつ何時、どうなるかはわからないですね。
あと何年一緒にいられるかわからないけど、
一日一日、大切にしていきたいものです。
Commented by mycolon at 2011-06-16 16:16
エイミーさん、びっくりさせてごめんね~。
父の場合は、本当に天寿を全うしたという感じです。
戒名にも「永寿」という文字が入っています。
だから、亡くなっても、「めでたい」というかなんというか…。
5月の半ばに、一度実家に帰ったのですが、
その際あった父はほとんど寝てばかりで、意識があるのかないのか定かではない状態でした。
もう長くはないなと感じましたが、本当に幸せな最期だったと思います。

ジュニコロミーニャは、いつまで一緒にいてくれるかな。
13歳という年齢、微妙ですよね。。。
Commented by mycolon at 2011-06-16 16:20
きちゅねちゃま、ありがとうございますです。
田舎だと、本家だの分家だの、いろんなことがあります。
その分家の末っ子の私、親戚関係はまるでわかりません。
父が亡くなり、関係がわかる方の話を聞いて、整理しとかないといけないですね。

本人は、大丈夫のつもりでも、歳には逆らえないようで
疲れが抜けなくて参りました。
ここにきてようやく、いつものペースに戻ってきた感じ。
無理はしないけど、部屋の中がめちゃくちゃだよぉ~。(涙)

Commented by mycolon at 2011-06-16 16:24
JENNYさん、ありがとうございます。

お葬式や法事って、何だかお年寄りの方が多いんです。
若い人があまりいないんですよ、うちの親戚。
というより、若い人は父とはあまり縁がないからやってこないのかも。
だから、向こうは私のことをよく知っていても
私は知らないということが、多すぎです。(笑)

私の両親は、戦争中に結婚してますので、それこそいろんな事情がありそうです。
敢えて聞かなかったけど、やっぱり、もっといろんなことを聞いておけばよかったと思います。
今となっては遅いですね。
Commented by mycolon at 2011-06-16 16:28
もこりんさん、ありがとうございます。

ようやく疲れが抜けたかなって感じです。
7月には49日の法要があるので、それが終われば本当にひと段落です。
仕事もドタバタしてたけど、何とかめどがついたし、後はのんびりやります。
うちの中も、ジュニコロミーニャの抜け毛も何とかしなくちゃいけないし、
と思いつつ、何もしていないくらいだらけてますよ。(笑)
Commented by mycolon at 2011-06-16 16:33
はなままさん、ごめんね~。
驚かしちゃいましたね。

はなままさんのお父様は10年前に亡くなっていらしたのね。
病気だったとは、さぞ、お気落としなさったことでしょう。
幸いというかうちの父は老衰なので、
さびしいことはさびしいですが、笑顔で見送りました。

ふるさとの海、あまりきれいとは言えないんですよね。。。。
あちこち護岸工事をしている最中でした。
年々、砂浜が削られてしまってるんです。
学生時代は、よく泳いだりしてました。
今となっては、古い思い出です。
Commented by mycolon at 2011-06-16 16:37
みかさん、お帰りなさ~い。
みかさんもお疲れ様でした。

まさか、お葬式にジュニコロミーニャを連れていくわけにもいかないですよね。
連れていったりしたら、もっと大騒ぎで大変なことになりそうです。
甘えん坊になったのは、1日くらいで、もう後はいつも通り。。。
戻るのも早い。

遺伝は、親子だけでなく、甥っ子、姪っこ、いとこにはとこ。
いやぁ~、親戚を見ていたら、すごいなぁと、つくづく感じました。

みかさんもご両親の血をしっかり受け継いでますね~♪
Commented by mycolon at 2011-06-16 16:45
じぃさん、ありがとです。
うちのオットちゃん、大正生まれで戦地にも行っていて
大砲の破裂した破片が太ももに入ったままだったそうです。
お骨を拾うときに、それらしきものがないか、
みんなで目を皿のようにして探したんだけど、見つかんなかった。
あまりの高熱で溶けちゃったのかなぁ。

じぃさんは、一昨年おかあちゃんを見送ってるから
さびしい思いを経験してるんだよね。。。。
だけど、じぃさんには息子さんたちがいるし、
かわいいにゃん子たちもいる。
大丈夫だよね。(^-^)

私には、一応連れ合いもいるし、大丈夫。
親元を離れてもうン十年経っちゃうと、やっぱり、実感がわかないです。
特に父親の場合はねぇ。。。ごめんね、とおちゃん。。。