猫の寿命

猫の年齢、よく人間だったら何歳とか換算表がある。
猫の種類、飼育環境によっても大きく変わってくるだろう。

ジュニコロはいま12歳。
 室内飼いの猫の平均寿命はどうなっているのだろうか。

  いわゆるホームレスキャットといわれる猫たちは、その寿命は4-5年といわれている。
  お外の猫たちは、病気や怪我だけでなく、仔猫のうちから淘汰が始まっている。
  産まれ落ちた一腹の兄弟のうち、生き残れるのはわずか1-2匹。
  下手をすると全滅だ。
  そのことを考えると、1歳を超えるホームレスキャットたちは、死のフィルターを抜けた勝ち組だ。
  だが、その勝ち組の猫たちも、さらなる生存競争を生き抜かなくてはならない。
  2-3歳のころには、さらなる死のフィルターが待ち受けているといわれる。
  そう考えると、平均寿命4-5歳といっても、相当なバラツキがあると思われる。

 一方、いわゆる飼い猫は、ワクチンの接種で防げる病気を防がれ、
   事故やケンカによる怪我も、仮に負ったとしても病院へ担ぎ込まれるケースが多い。
     さらに、室内飼いともなると、そのリスクもぐんと軽減される。
     平均寿命も10歳から16歳と幅が大きい。20歳を超える猫も増えている。

とあるサイトにこんな図があった。
f0135859_22182912.jpg

  この表を見る限り、2歳までは差がないが、それから以降どんどん差が開いていく。
   この表が信じるに足るものかどうかは、ちと、不明だが、明らかに室内のみでの生活が長生きできる。
   長生きするのが幸せかどうかは、また、別の話になるので、ここでは触れないでおく。

酔いが回ってきたので、結論を急ぐと、ミーニャはいったいいくつなんだ?
      わからん。。。。ジュニコロよりは若いのは確かだけど…。
そして、ジュニコロともあと何年一緒にいられるのだろう。。。
  わからないままなんだよな。結局は、すべて「神のみぞ知る」か・・・・。

   知ったからと言ってどうにでもなるものでもない。
    今は、ジュニコロミーニャと一緒にいられる時間を大切にするしかない。
      一瞬、一瞬はもう二度と来ない一期一会…。

   なぁ~んて格好つけても、所詮は酔っ払いのたわごと…。
    ジュニコロミーニャのほうがよっぽど悟りきってる。すごいよ。

   ジュニアのフォトを撮ろうとしたけど、カメラに寄ってくるので撮れなかった。
    ということで?コロンとミーニャの今日のフォト。
f0135859_22395991.jpg
グルーミング中でした。
f0135859_22401292.jpg
本棚の上、ふにゃを見下ろしてたよ。(笑)
    酔っ払って書いているので、いい加減なのはごめんしてくださいね~。012.gif
[PR]

by mycolon | 2010-07-23 22:49 | ジュニコロミーニャ | Comments(22)

Commented by ふくたん主 at 2010-07-23 23:53 x
ニャンコの歳はわかりにくいですよねー
お顔にシワが刻まれていくわけでもなく、いつまでたっても可愛らしくて。
次第に白髪になったりはしますけど、徐々に変わっていくから気づかないですし。
あとどれだけ一緒にいられるかは分からないですけど、今一緒に入られる幸せをあたりまえだと思っちゃいけないって先代ニャンを亡くしたときに嫌というほど思い知らされましたねー
みんなが1日でも長く一緒にいられますように!
Commented by 連れ合い at 2010-07-24 00:32 x
こら、よっぱらい。連れ合いの帰りが遅いからといってみだれるでない。もうすぐ帰るからね。
Commented by catfan at 2010-07-24 04:32 x
猫の年齢と一緒にいれる時間は別ものですからね。
毎日毎日を大切に過ごす事だけです。
うちはエアコンがないので、始終あゆに水を飲ませ、体が熱くなって
ないか、呼吸は早くなってないか、チェックいれています。
今の所、寝てばかりはいるけれど、大丈夫なようです。
猫って暑さに強いわぁ。
旦那さん、もう少し早く帰ってきてあげてくださいね。
Commented by marinnremonn at 2010-07-24 08:49
んまぁ!ダー様午前様??
お仕事のことなら文句はいえませんけどぉ・・・( ̄ー ̄)ふっ

大型犬の飼い主さんは10年と言っておられます。あとはオマケだと
室内飼いのにゃんず達は少しの異常でも獣医師さんに連れて行ってもらえますが、自由に動けなくなってまで・・・・と考えはじめると悩みは深くなるだけですものね
ミーニャちゃん
もしかしたら、推定年齢より若いのかも
順応性もあるし、毛艶もいいし、プックリ太れる体力もあるもの

あまり考え込まずに今を楽しんでくださいませね
Commented by もこりん at 2010-07-24 12:59 x
猫の寿命かぁ・・・・・
確かにホームレスキャットの場合、ほんとに難しいのかも・・・
以前、手なずけていたニャンコも、子猫からオトナ猫になるのすら、難しかった(´・ω・`)

実際ミーニャちゃんはいくつなんだろうか、って考えると分からないけれど、
でもふにゃさんちの子になったことで、ぐん!と変わったことが多いでしょうね!
先を考えちゃうとキリなく心配になっちゃうから、、だから今を精いっぱい考えてあげたい。
今の時間を、一緒に、とにかく一緒に大切に過ごしたい。ね!(*´ω`)ノ
このミーニャちゃん、角度的に笑っているようにも見えるなぁ(*^m^*) ウフフ
お口の傷だって、なんだかミーニャちゃんの愛らしいところ、として見えるよ。

おや?ダー様、コメント欄から妻への助言??(*`艸´)ウシシシ
Commented at 2010-07-24 22:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みか@猫大好き at 2010-07-25 14:08 x
猫さんの年齢はほんとに分かりずらいですよね。
うちの子とかよその子見ててもシニアとか信じられないって気がしますよ。

ミーニャちゃんについては、見た感じまだまだ若そうに感じましたよ、私は。
お外にいたらどうなったか分からないけど、
ふにゃさんと一緒にいるようになったことで運命ガラッと変わったでしょうね。
お顔見たってもうぜんぜん変わってますものね。
Commented by はなまま at 2010-07-25 15:27 x
私も1日1日が貴重です!
猫さんていつまでたっても子供っぽいというか・・・・年齢不詳ですね!
うちも7歳なんで、シニアの仲間入りですし。
確かにミーニャ君の年齢は分からないですねー。
食欲も旺盛だし、毛艶もすごくいいのでまだまだ若いのかもしれませんね。
20歳まで生きる猫ちゃんだっていますから、み~んなまだまだ大丈夫!!(^o^)v
Commented by JENNY at 2010-07-25 23:47 x
猫の寿命、僕にも分からないです。
ジェニーは、17歳なのは分かるけど、捨て猫だったから実際のところ、誕生日も分かりません。
仮に寿命という名のローソクがあるならば、ジェニーの場合は比較的長い方でしょう。
ジェニーは二回、僕自身も病気で死にかけた事から言える事は、何気ない毎日が何にも代えがたいという思いに尽きます。
ジュニコロコンビ、そしてミーニャ君とふにゃさん夫妻との何気ない毎日がきっと大きな財産だと思いますよ。
ニャンズとの毎日、何にも代えられないですよね。
(^・x・^)(^・x・^)<「当たり前だニャーン!」と、ジェニーとベックが言っています(笑)
Commented by mycolon at 2010-07-26 17:19
コメントありがとうございます。

ふくたん主さん。
にゃんこは歳をとると、毛並みが割れてきますね。
ジュニアはまだそんなじゃないんだけど、コロンの毛が結構割れてます。
少食だから栄養分が足りないのかな?

一緒にいられる幸せ…、そうなんですよね。
私も初代の猫を亡くしたときに、しみじみと感じました。
時間の長さだけでなく、その質というか中身ですよね。
今という限られた時間を、大切にしていきたいです。
それが一番難しいという気もしますが…。
Commented by mycolon at 2010-07-26 17:20
何書いてるんだか、連れ合いさん。
朝帰りじゃないけど、午前様。
もうとっくに寝てますよ。。。
みだれるってどういこっちゃ?
Commented by mycolon at 2010-07-26 17:29
ねこさん、おっしゃる通り。
一日、一日を大切に生きていかなくてはいけませんね。
猫の時間と、人間の時間は早さも質も違うのかもしれません。
以前、どこかで書いたことがあるのですが、
「ゾウの時間、ネズミの時間」という本を読んで、納得。
人間より速いスピードで歳をとっていく猫。
そんなことを考えると、一瞬、一瞬が本当に大切に思えてきます。
あゆちゃん、ねこさんにそこまで愛情を注がれて、本当に幸せ。。。
うちはほとんど放置ですから・・・・。
エアコンをつけっぱなしにしてのお留守番。
みんな勝手に好きな場所で寝てますよ。(笑)
連れ合いは、仕事が遅くなってしまってるので、仕方ないところもあるんですよね。。。
Commented by mycolon at 2010-07-26 17:34
きちゅねちゃま、連れ合いはこの日はお仕事。
まぁ、仕様がない。。。
ご飯を用意しなくてもいいのは、楽でいいんだけどね~。(笑)

長生きすることだけが幸せじゃないってこともあるしね。。。
マイコロンの時は、獣医さんに安楽死をすすめられたけど、悩みまくりました。。。
結局、結論が出せないまま、ずるずるとしちゃって、マイコロンは逝っちゃったけど…。
考え出すと、きりがない難しい問題だよね。。。
ミーニャの本当の歳は、永遠の謎。
でも、今生きてるってだけでも十分。
歳がわからなくても、死にはしないもんね~。(笑)
Commented by mycolon at 2010-07-26 17:39
もこりんさん、お外のにゃんこにかかわると、悲しいつらい思いをいっぱいしちゃいそうです。。。

先のことはあまり考えられない(考えたくない?)けど、今を大切にすればそれなりにと…。(笑)
元が能天気なもので、それ以上考えても仕方ないよねって、なっちゃうんです。
今を大切に生きるってのが、やはり、一番ですね~。

ミーニャのお口も、チャームポイントの一つ。
一緒にいれば、障害?なんて気になりませんよ。
ミーニャが一生懸命生きてきた証ですものね。

連れ合いのコメント、何だか存在をアピールしたいだけみたいです。(笑)
かまってチャンなのよぉ~♪
Commented by mycolon at 2010-07-26 17:40
鍵コメさん、了解です~♪
Commented by mycolon at 2010-07-26 17:42
みかさん、猫ってぱっと見、歳が全く分かりませんよね。

ミーニャはジュニコロに比べれば、まだまだ若いけど、
最初はぼろぼろでしからねぇ。。。(笑)
確かにうちに来たことで、生活が一変したはず。
顔も体系も、今じゃまるで別猫です。
ミーニャも幸せだと思ってくれてるかな???
Commented by mycolon at 2010-07-26 17:45
はなままさん、猫は人間で言うと3歳児らしいです。(笑)
人間と暮らす猫ちゃんは、いつまでも子猫気分ですから、子供っぽいのは当たり前かも。(笑)
そこがまた、可愛くって愛おしいところでもありますが・・・・。
はなちゃん、7歳なんて、まだまだ若いですよ~。
ミーニャの歳はわからないけど、気にしない、気にしない。。。
一緒にいられるだけでも十分ですよね。
ずっと一緒にいられればいいけれど、なかなかそうもいかない。
一緒にいられる時間を大切にしたいです。。。
Commented by mycolon at 2010-07-26 17:51
JENNYさん、猫の寿命も人間の寿命も、個体差があるので、みんな分かりませんよね。
余命何年とか宣告されたとしても、猫は、恐らく今までの生活パターンを変えるわけもないし、
人間だって、いつか必ず死ぬんだし、淡々と生きていくしかないんじゃないかって思います。
連れ合いが死にかけたときは、「このまま死んでもいいや」と思ってしまったようです。
死なれたら私が困る。。。(笑)

毎日が新しい一日、猫と一緒の日々。
一日、一日が大切な時間なんですよね。
人間よりも、猫のほうがよっぽど悟りきっているような気がしますね~。(笑)
Commented by kimagureme at 2010-07-28 16:44
なんかさぁドキッとするタイトルじゃない!?
こういう話題は避けて通れないんだけど泣けちゃうんだよねぇ

久しぶりの酔っ払いふにゃさん♪( ´艸`)ムププ
私はだらけてます・・・げんきですか~?
Commented by エイミー at 2010-07-30 05:32 x
ほんと 寿命とか考えると 悲しくなるけど
でもニンゲンだって ネコだって 命のあるものは避けては通れない道ですものね・・・・・。

アメリカは火葬しないので もしも万が一 命のろうそくが消えてしまったらニンゲンもネコも何も残せず(お骨さえ残らず)お別れになります・・・。
そう思うと 何が何でも最後は日本で・・・
なんて ときどき思っちゃうエイミーです(´・ω・`)
Commented by mycolon at 2010-08-02 17:12
お返事、遅れてごめんなさい。
み~さん、驚かせちゃった?ごめんね。
あと何年一緒にいられるかなぁって、つい、考えちゃうんだよね。
ずっと一緒にいたいけど、いつかは別れが来る。
そんなことを考えると、一瞬一瞬が、とても大切なものに思えてきます。
今一緒にいられる幸せ、大事にしたいです。

元気?と聞かれると、う~ん、むじゅかちい。。。
腱鞘炎がなかなか良くならないし、
ゴホゴホ変な咳も残っちゃってるし…。
だまし、だまし、なんとかやってますよぉ~。
み~さん、夏バテしないようにね~♪
Commented by mycolon at 2010-08-02 17:18
エイミーさん、なんだか最近は、寿命とかそういうことを考えても
あまり悲しくはならないんです。
歳のせいもあるかもしれないけど、みんな、いつかは死んでしまうわけで
それがいつかは全く分からない。
わからないからこそ、今という時間を大切にできないのかもしれない。
でも、わかったからといって、大切にできるのかといえば、それもまた疑問かもしれない。
なるようにしかならないけど、後悔だけはしたくないですね。

アメリカは、お骨も何も残らないって、一体どういう処理をするのかな?
土葬で全部終りなのかしら。。。
何にも残らなかったにしても、思い出だけは心の中にしっかりと残るはずですよね。
だけど、それだけじゃちょっとさみしいのは確か。。。
うちでも、マイコロンのお骨、しっかりととってあるし、
いつか一緒のお墓に入れたらいいなって思っています。