ミィ!ミィ!ミィ!

かわいいミーニャ・・・

   *今回はちと文章が長くなってしまいました。
       ふにゃのひとりごとみたいなもので、読み飛ばしてくださって結構です。。。。


ミーニャと初めて出会ってから約11カ月。
最初はとても人懐っこくて、自分からふにゃにすり寄ってきたミーニャ。
ふにゃだけでなく他の人のことをも全く怖がらなかった。

最初に引き取ってくれたご家族をうちにおよびしたときは、まるで動ぜず、
小さな子どもにも平気でなでさせてくれた。
2回目に、ご家族を招待した時も、子どもたちと一緒に遊びまわっていたのだ。

うちで引き取ってからは、寝室で隔離状態だったが、連れ合いに寄り添って寝ていた。
ふにゃは、ジュニコロ優先ということもあって、あまりミーニャにかかわらないようにしていた。
今思い起こせば、いろいろと問題はあったが、人懐っこいだけでなく
猫なつっこかったミーニャは、自分からジュニコロに挨拶をしようとしていた。
そのおかげで、今はすっかりジュニコロと打ち解けている。
ただ、あまりに遊ぼう攻撃が激しく、ジュニコロに拒否されることもしばしば・・・・。

寝室から解放して、部屋の中を自由にさせるようになると、
なぜかミーニャは連れ合いを怖がり始める。
ふにゃにべったりで、どこへ行くにもついて回り、何度も蹴とばされたり、踏まれたり。。。
ふにゃが仕事から帰って、ドアを開けると、必ずミーニャがドアの真ん前で待っている。
これもちょっと不思議だ。
鼻キスをしてくれるのもふにゃにだけ。膝に乗るものふにゃ限定。
一緒に寝ていた連れ合いのことは、忘れてしまったかのようだ。

そして、今回のオフ会。
いろんな方が一度にいらしてびっくりしたというのもあるだろうが、あまりにもビビりすぎだ。
ミーニャの中で何かが変わったのだろうか。

いろいろ考えてみた。
保護した当時のミーニャは、ガリガリに痩せて怪我もしていた。
あのまま放っておけば、確実に死んでしまっていただろう。
怖がりでビビりのミーニャ、勇気を振り絞っていろんな人に助けを求めたのだろう。

怖いけど、このままじゃ死んじゃう。
  おなかも空きすぎちゃった。
     もう、動けない。
    怖いけど、誰か、助けて・・・。

     間違えて、怖い人につかまっても
       逃げる気力も体力もない。
         人間のなすがままにされるしかなかったのか。

そして、怪我も回復して体力もついてくると、怖いもの、いやなものからも逃げられるようになった。
外にいたときに、体の大きな男の人にいじめられたことがあるのかもしれない。
大きな声で追い払われたこともあるかもしれない。
それらが、恐ろしい記憶としてミーニャの中に残っているとしたら、連れ合いを怖がる理由もわかる。

 もともとミーニャは、ものすごいビビり猫だったようだ。
それが、こんなふうにせざるを得ない状況に陥ってしまい、何かの縁でふにゃのもとへやってきた。
そして、今や本来の甘えん坊、ビビりにゃんこに戻ることができた。
そんなふうに考えると、ミーニャのことがますます不憫で愛おしくなる。

 人懐っこかったのではなく、そうせざるを得なかったミーニャ。
 逃げたくても、逃げるだけの体力がなく、なすがままにせざるを得なかったのだ。

 うちに来てから11カ月。
もう、大切なかわいい家族の一員。
 怖いことはもうない。
  おなかをすかせて、あちこちうろつく必要もない。
   寒さに震え、雨に打たれることもない。
 せめて、快適な環境だけは整えてあげたい。
   あまりかまってあげることはできないけれど、一生、大事にするからね、ミーニャ。。。。

   長文、失礼しました。最後に、みんなの幸せな寝顔でも…。
f0135859_22224495.jpg
かわいいミーニャ、安心してゆっくり眠ってね。
f0135859_22232117.jpg
コロンはめかぶ箱にみっちり。
     苦しくないんかい?

最後はジュニア。食器棚の上だ。
上に飛び乗るのに、最初は失敗したりしていたが、どうにか食器棚に傷をつけながら登ることに成功した模様。。。
f0135859_222354100.jpg
寝顔を撮ろうとしたが、目を覚ましてしまった。。。。
    なんだか不貞腐れた顔してるなぁ。。。。
[PR]
by mycolon | 2010-07-12 22:32 | ミーニャ | Comments(28)
Commented by エイミー at 2010-07-12 23:10 x
ふにゃさんの温かい考え方に じーんときました・・・。
私だったら ここまで考えられるかな・・・・。

ミーニャちゃんが 「そーなんだよ。その通りなんだよ。」ってうなづきながらふにゃさんに擦り寄っているような気がします!
本来の姿にもどれたミーニャちゃん♪
ビビリーだったいいもんね!
知らない人になんて 愛想を振りまかなくたって大丈夫♪
このまま ミーニャちゃんのまま ジュニコロちゃんたちとなかよくしていければ それが一番しあわせだものね(*´艸`)

ジュニアちゃん あんまりにもぺっちゃんこで(笑)
横に伸ばした写真みたいになっちゃってますね~~
Commented by catfan at 2010-07-13 03:26 x
ミーニャちゃんが人を怖がるの、何かの体験からトラウマになって
いるんでしょうね、きっと。
あゆも死にかけていたからか、今では外は眺めるもの、出かける所
ではないと分ってきているようです。
家庭が安全だと。
あゆも男の人に何かされたのか、男性の声にびびります。
宅配便のお兄さんでも、人によっては隠れます。
ミーニャちゃんみたいに、おそらく保護される前に怖い体験
をしたのでしょう。
ふにゃさんだけが甘えられる存在となっているから、他の人
には恐怖を感じるのかな。
ニャンズ同士で仲良くなってくれたのは、いい事ですね。
Commented by qf-potechi at 2010-07-13 08:07
ミーニャちゃん、かわいそうなことをしてしまいました…
本当は怖がりのミーニャちゃん、
次があったとしたら
怖い思いをしないようにするからね。
本来のミーニャちゃんになれてよかったね。
Commented by ライラママ at 2010-07-13 08:35 x
なるほど。
生きる手段としての「人なつっこさ、猫なつっこさ」だったのかもしれないですね。
今は白い毛がまぶしいふっくら家猫さんだけど、
最初はグレーで痩せてて痛々しい感じでしたものね。
怖い記憶、痛い記憶ってなかなか消えないだろうし、
何かあったときに逃げられる安心な場所(家とかふにゃさん)があるというのは
きっと幸せなことでしょう。

ミーニャちゃん、良かったね^^
こんなに大事にしてくれるふにゃさんに出会えて。
Commented by やくみ at 2010-07-13 11:18 x
うぁ・・・思わず泣いちゃったですよ
ミーニャちゃん本当に良かった
安心しきってる寝顔が、今どんなに幸せなのか
物語ってますよね;∀;
Commented by みか@猫大好き at 2010-07-13 13:50 x
拾った猫さんのほうが(拾われたと分かるくらいに育ってから)
人懐っこいというか、がんばって打ち解けようとする感じはあるように思います。
ミーニャちゃん、一生懸命だったけど
もう今は完全に安心しきって暮らしているんでしょうね。
とても素敵なことと思います。

でもあんなに大勢押し寄せてカメラカメラってやってたら
どんな子でもぜったいびびっちゃうと思いますよ~。
Commented by kimagureme at 2010-07-13 16:19
じーんときちゃいました・・・

うちの(テル)の場合とはぜんぜん違うけど
テルはどうだったんだろうって思うことがあるんですよね
突然母親から引き離されて知らない家に連れてこられて不安で心配でいっぱいだったんだろうなぁって
ビールになついてから私になついて、旦那になつくまで4年もかかったし・・・
怖い思いしてたんだろうなぁて(涙)

それなのにミーニャちゃんの気持ちも考えずにどかどか押しかけちゃって
そりゃぁ怖かったよね・・・ごめんねミーニャちゃん

ミーニャちゃんよかったね今はふにゃさんご夫婦と優しいジュニコロちゃん達の愛情たっぷりな家族に囲まれて♡

コロンちゃんのみっちりとジュニアちゃんの伸びきってる姿
対照的だね ( ´艸`)ムププ
Commented by marinnremonn at 2010-07-13 21:13
ミーニャちゃん
そうかぁ・・・本来は怖がりさんだったんだ
というか、安心できる家族が出来て、外から来た人を区別できるようになったんじゃないのかしら
本当に怖がりさんなら誰にもなつかないよ
ジュニコロちゃんとふにゃさん、ダー様に安心できる分、見知らぬ人に警戒できるようになったと思うんだけどぉ

コロンちゃんのミッチリは大好き
頭が平らになってるし(`∇´ )にょほほほ

ジュニア君は横長ワイド画面仕様?
なんか「なにか問題でも?」と言いたげなのか可愛いですわぁ
Commented by はなまま at 2010-07-13 21:19 x
涙でました(ToT)
みーにゃくんは幸せです!!よかったです。。ほんと。。
ふにゃさんファミリーの一員になれてミーニャくんは幸せです!

私もガリガリになりながらも声をはりあげて擦り寄ってきた
保護猫りんちゃんとの出会いが頭にこびりついています。
傷つけられてもなお、人に擦り寄っていかなければならない・・・
胸が痛みます。今でも泣けてしまいます。
猫を愛する人がもっともっと増えてほしいと思います。
猫の魅力を知ってほしいと思います。
先月も知り合いが子猫3匹保護したんですよ。
この雨の中ダンボールに入れられて捨てられていたそうです。
幸いすぐに3匹とも里親さんが見つかりました!
無責任で非情な行動には本当に腹が立ちますし、
悲しい気持ちになります。

みんなの寝顔最高です(^o^)/


Commented by JENNY at 2010-07-14 00:45 x
ミーニャ君、どんな思いで生き抜いてきたのかなと思うと、切なくいじらしさを感じます。
本能じゃなく、感情をもって生きてきたと思います。
気持ちは、きっと繋がっていますよね(^-^)
Commented by ふくたん主 at 2010-07-14 21:12 x
ニンゲンだって、小さい時の怖かった思いは、どんなに安全だって頭でわかったとしても怖くてたまらないものですから、ミーニャちゃんが昔怖い思いをしていたのであれば、怖がっちゃうのはどうしてあげようもないのかもしれませんね。
今はもう安心して暮らすことができるお家と守ってくれるふにゃさんがいる幸せな環境になって、こんな最高な寝顔を見せてくれるようになったわけですから、強運の持ち主ではあったのかもしれませんね。
願わくば強運じゃなくても幸せに暮らせるような土地柄がふえてくれますように。

ウチのあたりは田舎のせいもあってか、ノラでも人にお腹を見せてくれたりしますよー (そのうちどっかの家に上がりこんでその家の子になることもしばしばのようです)
Commented by こたつ2号 at 2010-07-15 20:44 x
ミーニャ君、ふにゃさん家の子になって本当に良かった。
ふにゃさんのミーニャ君に対する暖かい言葉を聞く度に、心から
そう思います。

私は出来ているかなぁ・・・と自問の日々です。
ママちゃん、結局子離れは無かったのですが、こたつにはもちろん、
つくしやなずなにもシャーッて怒っている時があります。
でも、私には連れて来た当初以外、抱いても爪を切っても怒らない
んです。
もちろん、懐いているからではなく・・・。
多分外で暮らしている時にニンゲンに対して怒ったり、引っかいた
りすると、それ以上の悪い事が起きると、悲しい学習をしてしまったの
ではないかと思っています。
こたつの様にイヤだったら、噛み付いたり、引っかいたり、私に対して
傍若無人に振る舞えないママちゃんが不憫で不憫で、私もせめて
快適な環境だけは提供出来たら、ここに来て良かった、と少しでも
思ってもらえたら、と願っています。

安心しきった寝顔のミーニャ君、本当に良かったね、と何度も何度でも
思います。
ジュニコロ君達も本当~に幸せそうな寝姿です♪


Commented by mycolon at 2010-07-16 17:01
コメントありがとうございます。
私のだらだらとした独り言に、
お付き合いくださいまして感謝いたしております。

昨日、某サイトで緊急のSOSがありました。
本人からでなく、代理の方を通してでした。
重度の要介護者を抱えていらっしゃる方が、
子猫を2匹捕獲し、どうしても里親さんが見つからず
これ以上、ご本人も疲れてしまい、無理ができない。
21日(水曜日)に公的機関に(おそらくは保健所)
引き渡しことにしたというもの。

いろんな事情を抱えてらっしゃる様子でしたが、
そのHPを拝見すると、たくさんの疑問がわきました。
子猫を捕獲した(保護したわけではない)経緯が不明。
親猫がいて捕獲の際に抵抗されたにもかかわらず
捕獲器を持ち出してまで捕まえていること。
非常に重い障害を持った老親を介護しなくてはならないという環境。
それは、子猫たちを捕獲する前からわかっていることで、
捕獲した子猫たちを最後まで面倒をみるという覚悟が全く見られないこと。
それなら、なぜ捕獲したのか。
自分で面倒を見られないからと、安易に保健所へ引き渡すなんて
私には信じられません。
Commented by mycolon at 2010-07-16 17:08
とはいえ、子猫たちを何とかしたくて、帰宅してからリンクを張ろうと思っていました。
ところが、なんと、その某サイトで、中傷誹謗を受けたと感じたのでしょうか
HPを閉じてしまい、代理で書き込まれた方と全く連絡が取れなくなってしまいました。
その後、子猫たちがどうなってしまうのか、非常に気がかりです。
Commented by mycolon at 2010-07-16 17:11
私がミーニャを保護した時は、胃がきりきりと痛くなるほど悩みました。
もし、ミーニャが白血病や猫エイズに感染していたとしたら
到底我が家では迎え入れることはできません。
その時はどうすればいいのか・・・。

保護をするということは、その猫の一生を左右することです。
命を預かるということは、非常に重い責任があると考えます。
一生面倒を見つ覚悟がなくして、安易に猫を捕獲することはやめてほしかった。
いまさら遅いけど…。
人間のにおいが付いてしまった子猫は、親元に帰したとしても
親猫が飼育放棄してしまうことが多いのです。
命をもてあそぶようなことは、けしてしてはならない。

うちではもう私のキャパ、ぎりぎりです。
これ以上の猫は面倒をみる余裕がありません。
かりに、今、ミィやミーニャのような保護を求める猫が
私の目の前に現れたとしても、
冷たいようですが「ごめんね」としか言えません。
今の私には、ジュニコロミーニャを最低限守らなくてはなりません。。。

コメント欄はあまり表に出ないので、
ちょっと後味が悪かった昨日の出来事を書かせていただきました。
ごめんなさい。。。
Commented by mycolon at 2010-07-16 17:28
エイミーさん、ビビりのミーニャ、少しは人慣れしてほしいです。
少なくとも、うちにいらっしゃる方々は安全なんだよって教えたい。

私が温かいとはそんなんじゃなく、
先住猫がいて、新たに猫を家族にしようという方は
いろんなことを考えると思います。
エイミーさんもりんちゃんをおうちの子に迎えた時は
いろいろ考えたことでしょうね。
エイミーさんの優しい愛情に包まれて、
はなちゃんもりんちゃんも、とっても幸せそうですもの。

ジュニア、完全にとろけてる?(笑)
別に伸ばしたわけじゃないんですけどね~。
Commented by mycolon at 2010-07-16 17:32
ねこさん、あゆちゃんも大変な思いをしたんですよね。
おうちが一番ですよね~♪

一般的に男の人は、体が大きいし、声も大きいから
別に何もしなくても、怖がられちゃうことが多いみたいです。
ミーニャは、少しは慣れたとはいえ、いまだに連れ合いが苦手です。(笑)

あまりについて回わると、蹴飛ばされると、いい加減学習してほしいミーニャ。
下手をすると、私もけっつまづいて、転びそうになります。(笑)
Commented by mycolon at 2010-07-16 17:33
うーさん、いえいえ、こちらこそ、ごめんなさい。
ミーニャがあそこまで怖がりだったなんて、
本当に私自身、びっくりしています。

次回は、少しはなでなでさせてくれるように、学習させます。
これに懲りずに、また、ミーニャに会ってくださいね~♪
Commented by mycolon at 2010-07-16 17:37
ライラママさん、生きのびるためにそうせざるを得なかったのか、
それとも抵抗する気力も体力もなかったのか、どっちなんでしょ。
いずれにせよ、ミーニャはうちの子になるよう決められていたようです。(笑)
嫌な思い出は忘れてほしいけど、なかなか難しいことですよね。

まだまだ完全じゃないけど、うちの中は安全なんだよって
ミーニャに言い聞かせます。
変な人は来ないから、安心してほしいなぁ.。o○
Commented by mycolon at 2010-07-16 17:39
やくみさん、やくみさんもわさびちゃんやしちみちゃんを保護なさったときは
大変な苦労をなさいましたものね。
あの優しさ、細やかな気配りには本当に感動しました。
いまだに七味ちゃんが、文麦ちゃんたちとちょっと距離があるけど
それでも幸せそうにしている姿をみると、本当にうれしいです。
Commented by mycolon at 2010-07-16 17:41
みかさん、そうですね、ミーニャは最初に頑張りすぎたのかも。(笑)
その反動かな?あまりのビビりように、本当にびっくりしちゃいました。

ジュニコロは、ある程度なれてるから、平気なんですけどね。。。。
これに懲りずに、また遊びにいらしてくださいね~♪
Commented by mycolon at 2010-07-16 17:55
み~さん、テルちゃんは十分幸せですよ~♪
母猫さんの野良教育が徹底してたんでしょうね。
その教育にそむくように、人間を信頼するには時間がかかりますよ。
そして手間もね。
それだけの愛情、手間暇かけられたみ~さんは、すごいです。

ミーニャのことは気にしないでくださいね。
あそこまでビビるとは、私もまったくわかりませんでしたから。
これに懲りずに、また、ぜひ、いらしてくださいね。
次回は、もう少し、ビビらないよう言い聞かせます。(笑)
Commented by mycolon at 2010-07-16 17:57
すいません、お返事、途中ですが、ちょっと中断。
続きは、また、させていただきます。m(__)m
時間切れだぁ~~~~。
Commented by mycolon at 2010-07-17 15:42
お返事、続きです。
きちゅねちゃま、そうか、そういう考え方もできますね。
でも、いまだに連れ合いにはちょっとビビっているミーニャ、
もともとへたれみたいです。(笑)
あのへたれが、よくもまぁ、道行く人にすり寄ってたなと、感心しちゃうんだけど…。

コロンはほかの子に比べて、毛が薄いというか細いというかで
寒がりちゃん。
暑くても、ひっつき虫のみっちりさんです。(笑)

ジュニアは暑くて解けたアイスクリームみたいに、でろんでろん。。。
中身が詰まってなくて、平べったくなっちゃいます。(笑)
Commented by mycolon at 2010-07-17 15:49
はなままさん、今のミーニャ、幸せだと思いたいです。
少なくともおなかをすかせて、さまよわなくてもいいんだから。。。
そうでも思っていなければ、うちの子にしたことを後悔しちゃいます。
いろいろ不満はあるだろうけど、その辺は我慢して頂戴ってね。。。

あちこちで里親さんを探しているねこちゃんが、今の時期、多いですね。
みんな幸せになって欲しいけど、私ひとりでできることは限界があります。
でも、祈らずにはいられません。
少しでもかわいそうな猫がいなくなるように・・・。
先に書かせていただいた仔猫ちゃんたちのことは、
ものすごく気がかりですが、ああなってしまった以上、祈るしかありません。。。
悲しいです。。。。
Commented by mycolon at 2010-07-17 15:52
JENNYさん、猫にもちゃんと感情があって、愛情もあります。
それを思うと、切なくなります。
どんなつらい思いをしても、希望を捨てずに、勇気を振り絞ったミーニャ。
その思いに応えられているのか、疑問になるときもありますが、
少なくとも、今の状態は、お外にいる時よりはベターだと思っています。
自己満足かもしれないけど、のんびり昼寝をしているミーニャを見ていると
そう思ってもいいかなって。。。
Commented by mycolon at 2010-07-17 16:00
ふくたん主さん、ミーニャのトラウマ、退治できるかな?
少しずつでも、連れ合いとの距離も縮まってきた気もするし、
何年かかってもいいから、このトラウマを何とかしたいです。

今の都会は猫には住みづらくなってきていますね。
もとはと言えば、人間が捨てたことによって増えた野良ネコ。
外飼いが普通だったころでも、いろんな問題があったでしょうが、
うまくコミュニケーションが取れていれば、ある程度、解決できたのでしょうね。
もっと寛容なのんびりした環境ならば、猫たちも穏やかに過ごせるとは思います。
この問題は、なかなか根が深くて、猫嫌いの人たちからは、なかなか分かってもらえません。
もめそうなので、これ以上のことはやめておきますね。
Commented by mycolon at 2010-07-17 16:05
こたつ2号さん、ママちゃん、つくしちゃん、なずなちゃんはみんな幸せです。
私も、自問自答の日々ですが、悩んでいても仕方ないですものね。
ママちゃんのことをうかがって、胸が痛みます。
そこまで悲しい過去があるなんて、つらいですよね。
だけど、怖い人間だけでなく、こたつ2号さんのような優しい人もいるんだって
ママちゃんはわかってきていると思います
だから、なでさせてもくれるし、甘えてくるようにもなったんだと。。。
そこまでになるのは、大変な苦労と時間がかかったことと思います。
これから、もっと、もっとままちゃんやつくしちゃん、なずなちゃんが
こたつ2号さんに、甘えるようになってくれるといいですね~♪
<< わらわらわら・・・ 夢のようなひととき >>



ねこ、ネコ、猫、ネコに振り回される毎日。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
以前の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
リンクリンク♪
ファン
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
記事ランキング
ライフログ
画像一覧
カテゴリ