イノチって、おわらない

先日、本屋さんで何げなく手にした文庫本。
   読み始めたら止まらなくなり、一気に読んでしまった。
     さらには2度も読み返した。

 それが、この「ぼくとアナン」。
     このブログのライフログにも載せてしまったくらいのお薦めの本だ。
f0135859_21204976.jpg

  「ぼく」というのは、ネコのバケツ。
”イエナシビトのナガレさんにゴミ箱から拾われて助けられた。そして聖夜のゴミ置き場で、こんどはぼくが人間の赤ちゃんを見つけたんだ。男の子の名はアナン。何かに導かれるように、ナガレさんとアナンとぼくのふしぎな旅が始まった。イノチとタマシイのきらめきを描く、奇跡の物語。”

   本の後ろの説明文にはこのように書いてある。

 すべての子どもたちへとあるように、ネコのバケツの視点で書かれているため、小さな子どもでも、
 読みやすく理解しやすいものとなっている。
  実は、この本の原点というか元になっているのは、「アナン、」という本だ。
f0135859_21325465.jpg

    こちらはというと、大人の事情が満載、いっぱい詰まっている。
   誰でも心の中に秘密を抱えている。その秘密がいっぱい、これでもかと書かれているのだ。
   大人が読むにはいいが、子供には確かに理解しづらいだろう。

 「ぼくとアナン」の解説によると「アナン」を出版したときに、作者は「何かやり残しているような気がした」という。
「書きたいことは全部、最後の一文字までも書いたのに。もう、力はつかいはたしたのに。あとは、みんなに読んでもらえれば・・・・・」

   その「みんな」の中に子どもたちが含まれなかったことに作者は気づいたのだ。
 さらに、共著者のホームページに、小学生の子供にどうしてもこの話を伝えたいというメールが届いたという。
 このことで、「ぼくとアナン」という感動的なファンタジーが誕生したのだ。

   この本の中にはユーモアもあるが、素敵な言葉があちこちに宝石のようにきらめいている。
 あまり書いてしまうと、著作権に触れてしまいそうなので控えるが、気になる方はどうぞ、ご自分でその言葉の宝石を探してみて欲しい。

 この「ぼくとアナン」を読んだあと、どうしても「アナン、」が読みたくて、アマゾンで注文。
   これまた一気読みだった。
 「ぼくとアナン」がファンタジーなら、「アナン、」はスピリチュアル・ファンタジー。
   久々にのめり込める読みごたえのある本であった。

ということで、最後はイエナシビトのように、箱の家でご満悦のジュニア。
f0135859_2159729.jpg
f0135859_21593319.jpg

     そして、コロン。
f0135859_2215681.jpg

[PR]

by mycolon | 2009-06-22 22:03 | 猫本 | Comments(7)

Commented by catfan at 2009-06-23 15:25 x
いい本に巡りあえたようですね。
私は図書館で借りて読んでみようかしら。
ちゃんと返却しない人もいて、必ず借りれる
とは限らないんですが。
ジュニアちゃん、箱一杯に寝ていますが、あ
ゆもこういうぴったしの箱が好きで、中で寝て
いる時があります。そんな時はそーっとしてお
いてあげます。きっと楽しい夢見てると思うから。
コロンちゃんは、めかぶ箱が好きですね。
Commented by エイミー at 2009-06-23 22:04 x
あ、この本 衛星版でとっている朝日新聞に載ってました!
読んでみたいなぁ~と思っていた本です!!
ふにゃさん 読まれたのですね♪
そっかぁ・・・ ますます読んでみたくなりました(*´艸`)

ジュニアちゃん 四角くなってぴっちり収まって・・・ 
なんだか その四角っぷりが妙に笑えます!
Commented by ライラママ at 2009-06-26 10:38 x
『アナン』
気になってた本です。
ふにゃさんオススメの本なんだったら読んでみたいなぁ。
『ぼくとアナン』も。

ふにゃさんのライフログにもある『猫語の教科書』も、先日本屋で見かけてパラパラ読んでみたんですがおもしろそうだった♪
いかにも翻訳しましたって感じの文章がまた良い(笑)
Commented by mycolon at 2009-07-07 16:56
お返事がモーレツ(古!)に遅くなりました。
ごめんなさ━━━━(´・ω・`;)━━━━い。。。

仕事も忙しかったこともありーの、iPhoneがおかしくなったことアリーノで
ほんとにほんとに、ごめんなさいでし。。。。。反省しておりますでし。。。
Commented by mycolon at 2009-07-07 17:01
ねこさん、本屋さんで猫に関係するような本は大体チェックしている私です。
でも、実際に読んでみるとつまらなかったりするのもあるのは確か・・・。
この「ぼくとアナン」は自信を持ってお勧めできます。
久々のヒットって感じ。

コロンは今までめかぶ箱に入らなかったのに、
なぜか最近よく入ってます。
今まではジュニア専用って感じだったのに、どうしたのかしら。。。
めかぶ箱を取られてジュニは放浪していますよ。
この箱、すでに廃棄されちゃいましたが、またジュニア用に箱を用意しないといけないかなぁ.。o○
あゆちゃんも箱が好きなのね~♪
面白い格好してるとつい写真を撮りたくなっちゃうけど、
ねこさんはあゆちゃんのためにぐっと我慢なんですか?
やさしいなぁ。。。。
Commented by mycolon at 2009-07-07 17:03
エイミーさん、この本は本当に久々に夢中になれました。
「アナン」も一気に読んじゃったし、ついつい引き込まれちゃう魅力的な本でした。
機会があれば、お読みになってみてください。
そちらで手に入れるのはなかなか難しそうですものね。。。。

いつもは丸いにゃんこでも、体が柔らかいだけあって
四角い箱に入ると、体まで四角くなりますね~(笑)。
Commented by mycolon at 2009-07-07 17:06
ライラママさん、おぉ~(○'ω'○)ん?
「アナン」をご存知だったんですね。
私は本屋さんで見かけるまで「ぼくとアナン」のことを知りませんでした。
ましてや「アナン」は、まったくといっていいほど知らなかったし。。。。
さすがだなぁ。。。。。

「猫語の教科書」確かに面白いですよ。
同じポールギャリコが書いた「ジェニー」「トマシーナ」もお勧め!
どちらもわくわく楽しいお話で~す。
機会があれば、お読みになってみてくださいませ~♪